FMX.Dialogs.MessageDlgPos

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function MessageDlgPos(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const AX, AY: Integer): Integer;
procedure MessageDlgPos(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const AX, AY: Integer; const ACloseDialogProc: TInputCloseDialogProc);
procedure MessageDlgPos(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const AX, AY: Integer; const ACloseDialogEvent: TInputCloseDialogEvent; const AContext: TObject);
function MessageDlgPos(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const AX, AY: Integer; const ADefaultButton: TMsgDlgBtn): Integer;
procedure MessageDlgPos(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const AX, AY: Integer; const ADefaultButton: TMsgDlgBtn; const ACloseDialogProc: TInputCloseDialogProc);
procedure MessageDlgPos(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const AX, AY: Integer; const ADefaultButton: TMsgDlgBtn; const ACloseDialogEvent: TInputCloseDialogEvent; const AContext: TObject);

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall MessageDlgPos(const System::UnicodeString AMessage, const System::Uitypes::TMsgDlgType ADialogType, const System::Uitypes::TMsgDlgButtons AButtons, const int AHelpContext, const int AX, const int AY)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
FMX.Dialogs.pas
FMX.Dialogs.hpp
FMX.Dialogs FMX.Dialogs


説明

指定された位置に、カスタム ダイアログ ボックスを表示します。

MessageDlgPos を使用すると、関数のパラメータに応じて設計されたダイアログ ボックスを表示することができます:

  • Msg は、ダイアログ ボックスのテキスト メッセージを示します。
  • DlgType は、ダイアログ ボックスの種類を示します。
  • Buttons では、ダイアログ ボックスのボタンを指定します。
  • HelpCtx では、ヘルプ コンテキスト ID を指定します。
  • DefaultButton では、ダイアログ ボックスが表示されたときにフォーカスが当たっているボタンを指定します。
  • XY は、現在無視されます。

関連項目