Data.DB.TDataSource.OnDataChange

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property OnDataChange: TDataChangeEvent read FOnDataChange write FOnDataChange;

C++

__property TDataChangeEvent OnDataChange = {read=FOnDataChange, write=FOnDataChange};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event published
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TDataSource


説明

フィールドを編集したり、カーソルが新しいレコードに移動したりと、レコード内でデータが変更された際に発生します。

OnDataChange イベント ハンドラを記述すると、カレント レコードのフィールドが編集されたり、アプリケーションが別のフィールドへ移動したり、または、関連付けられているデータセット内でカレント レコードが変わったときなどに、特定のアクションを実行させることができます。OnDataChange は、アプリケーションが、データに対応していないコントロール群において、データ表示の同期をとらなければならない場合に、特に便利です。あらゆる変更によって発生するため、このイベントは一般的に、コントロールが、データセット内の現在のフィールド値を確実に反映するために使用されます。

このイベントを発生させるメソッドには、データセットの NextPrior メソッドがあります。データ対応コントロールは、次の時に、データが変更されたことをデータソースに通知します:

  • 新しいレコードへスクロール。
  • フィールドのデータへの編集。

OnDataChange は、Data.DB.TDataChangeEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目

コード サンプル