C++ デバッグ型ファイル(*.#nn)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラ|プリコンパイル済みヘッダー[外部型ファイル]オプションがオン(デフォルト)の場合、32 ビット Windows または Mac OS X 向けの C++ プロジェクトをビルドすると、Appmethod によって 1 つまたは複数のデバッグ型ファイルが生成されます。

デバッグ型ファイルとは、プリコンパイル済みヘッダー ファイルに含まれるすべてのシンボルについてのデバッグ型情報を含むファイルです。このファイルの拡張子は .#xx です。この xx は、最初に生成されたファイルの場合は 00 で、追加の型情報ファイルが必要となるたびに数字が大きくなります。

デバッグ型ファイルを使用すると、デバッグ型情報が 1 か所にまとめられて、各オブジェクト ファイルの情報の重複がなくなるため、オブジェクト ファイルのサイズを大幅に小さくすることができます。

これらのファイルは、デフォルトでは <プロジェクト>.#<nn> という名前で生成され、C:\Users\<user>\Documents\Studio\Projects\<プロジェクト>\<プラットフォーム>\<ビルド構成> に格納されます。

Appmethod では、<名前>.#nn ファイルのファイル名は、プリコンパイル済みヘッダー ファイルのファイル名のファイル拡張子 pch#nn に置き換えたものになります。

関連項目