FMX.ActnRes.TStandardActions

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

System.Classes.TDataModuleSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTStandardActions

Object Pascal

TStandardActions = class(TDataModule)

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public FMX.ActnRes.pas FMX.ActnRes FMX.ActnRes

説明

TStandardActions クラスには、標準アクション(FMX.StdActns.TFileExit など)のインスタンスを格納するフィールド(FileExit1 など)を宣言できます。これらのインスタンスには、指定されたデフォルトのタイトル、ショートカットを始めとする標準アクションのプロパティが格納されています。これらのプロパティは、アクション リスト エディタで標準アクションが新しく作成されるときに、デフォルトのプロパティ値として使用されます。


TStandardActions クラスには実装は含まれていません。TStandardActions クラスには、標準アクション(FMX.StdActns.TFileExit など)のインスタンスを格納するフィールド(FileExit1 など)を宣言できます。タイトル、ショートカットなどのプロパティのデフォルト値を持つべき標準アクションのオブジェクトを格納するフィールドを宣言する必要があります。これらのプロパティの格納値は、アクション リスト エディタで標準アクションが新しく作成されるときに、デフォルトのプロパティ値として使用されます。デフォルト値を持つべき標準アクションごとにフィールドを 1 つ宣言する必要があります。以下に例を示します。

FileExit1: TFileExit;

上記では、TFileExit クラスのオブジェクトを格納する FileExit1 フィールドを宣言しています。

TStandardActions クラスは、IDE で System.Actions.RegisterActions を呼び出して標準アクションを登録する場合に、IDE のアクション リスト エディタでのみ使用されます。TStandardActions はユーザー アプリケーションでは使用されません。

FireMonkey で実装されているアクション機能」トピックの「FMX.ActnRes ユニット」節も参照してください。

関連項目