W1033 ユニット '%s' が暗黙のうちにパッケージ '%s' にインポートされました(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

エラーと警告のメッセージ(Object Pascal):インデックス への移動



この警告は、ユニットが、現在コンパイル中のパッケージに暗黙のうちにリンクされたことを示します。 通常、ユニットは次のいずれかの方法でパッケージに含められます。

  • "Contains" フォルダに明示的にインポートされて
  • "Requires" フォルダで指定された別のパッケージの一部として

コンパイルに必要なユニットが "Contains" フォルダの中にも "Requires" フォルダで指定されたパッケージの中にも見つからない場合、そのユニットは、あたかも "Contains" フォルダに含まれているかのように暗黙的にインポートされます。

この警告は、ユニットをパッケージに明示的に追加するか、足りないユニットを含んでいるパッケージの参照を追加するかを検討するよう、プログラマに知らせるためのものです。

今後この問題が起きないようにするには、.dcp ファイル(パッケージのコンパイルおよびリンクに関する情報を含んでいるファイル)を、Requires または Contains の句/フォルダに追加する必要があります。

  • Requires フォルダは、通常、このパッケージをコンパイルするのに必要なユニットを含む他のパッケージを参照します。 これらのパッケージは、System ユニットや SysUtils ユニットなどを含む RTL パッケージのように Object Pascal が提供するパッケージの場合もありますし、ユーザー定義のユニットを含むプログラマが作成したパッケージの場合もあります。
  • Contains フォルダには、パッケージに組み込まれるユニットが含まれます。"Requires" フォルダに挙げられている他のパッケージ内のユニットは含まれません。

問題の解決

コード エディタで、必要に応じてコードを編集し、requires 句や contains 句にユニットを追加することができます。 [プロジェクト マネージャ]では、次に説明するように、Requires および Contains のフォルダにユニットを追加することができます。

[プロジェクト マネージャ]で Requires フォルダに参照を追加するには:

  1. Requires フォルダを右クリックします。
  2. コンテキスト メニューから[参照の追加...]を選択します。
  3. [追加]ダイアログで、適切な .dcp ファイルを選択します。 あるいはファイルが検索パス上に存在する場合には、参照するプロジェクトの .dcp ファイル名を直接入力します。
  4. これで .dcp ファイルがプロジェクトの Requires フォルダに追加されます。

[プロジェクト マネージャ]で Contains フォルダにユニットを追加するには:

  1. Contains フォルダを右クリックします。
  2. 次のいずれかを行います。
    • コンテキスト メニューから[新規追加|ユニット]を選択して、Contains フォルダに空のユニットを追加します(コード エディタにはユニット コードのテンプレートが表示されます)。
    • コンテキスト メニューから[追加...]を選択して、[プロジェクトに追加]ダイアログを開きます。 追加したいユニットの .pas ファイルを選択します。


関連項目