throw

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

キーワード(アルファベット順):インデックス への移動


カテゴリ

C++ 固有キーワード

構文

throw assignment-expression

説明

例外が発生すると、throw 式は、throw(T arg) で使用されている型 T(引数 arg の型に一致する)の一時オブジェクトを初期化します。 必要であれば、コンパイラによってほかにもコピーが生成されることがあります。 従って、例外オブジェクトにはコピー コンストラクタを定義しておくと便利です。


この例は、throw キーワードの使用方法を示しています。

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  throw(Exception("Hardware error: Divide by 0"));
}


関連項目