TCustomVariantType の下位クラスの使い方

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

カスタム バリアントのコピーと消去 への移動


TCustomVariantType の下位クラスを定義するユニットの initialization セクションで、クラスのインスタンスを作成します。 オブジェクトをインスタンス化すると、自動的にそれがバリアント処理システムに登録され、その新しいバリアント型が有効になります。 たとえば、これが VarCmplx ユニットの initialization セクションです:

Object Pascal:
 initialization
 ComplexVariantType := TComplexVariantType.Create;

TCustomVariantType の下位クラスを定義するユニットの finalization セクションでは、クラスのインスタンスを解放します。 これは自動的に、バリアント型を登録解除します。 これが、VarCmplx ユニットの finalization セクションです:

Object Pascal:
 finalization
 FreeAndNil(ComplexVariantType);

関連項目