SQL モニタ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

データベース関連のダイアログ ボックス への移動

[データベース > SQL モニタ]

このダイアログボックスを使用して,実際に,SQL Links を介してリモートサーバーに対して行われた文呼び出しや,ODBC ソケットを介して ODBC データソースに対して行われた文呼び出しを表示します。

[オプション > トレースオプション]を選択して[トレースオプション]ダイアログボックスを表示すると,さまざまなアクティビティを監視できます。

[トレースオプション] - [カテゴリ]ページ

このページを使用して,監視するトレースカテゴリを選択します。

項目 説明

準備された SQL 文

サーバーに送信される準備された文。

実行された SQL 文

サーバーで実行される文。ただし,一度用意した文をパラメータバインディングを変えて何度も実行できる。

入力パラメータ

INSERT または UPDATE を実行する場合にサーバーに送信されるパラメータデータ。

読み出したデータ

サーバーから取得するデータ。

動作

ALLOCATE,PREPARE,EXECUTE,FETCH などの実行される各操作。

接続/切断

接続ハンドルの割り当てや接続ハンドルの解放(必要な場合)など,データベースとの接続および接続解除に関連付けられている操作。

トランザクション

BEGIN,COMMIT,ROLLBACK(ABORT)などのトランザクション操作。

BLOB 入出力

GET BLOB HANDLE,STORE BLOB などの BROB データ型に対する操作。

Miscellaneous(その他)

ほかのカテゴリに入らない操作。

ベンダーエラー

サーバーが返したエラーメッセージ。サーバーによっては,エラーメッセージはエラーコードを含む。

ベンダー API 呼び出し

サーバーに対する実際の API 関数呼び出し。ORLON for Oracle や ISC_ATTACH for InterBase など。



[トレースオプション] - [バッファ]ページ

このページを使用して,SQL Monitor によってメモリ内に維持されるトレースバッファを管理します。

項目 説明

バッファサイズ

トレース情報に使用されるバッファサイズを示す。

メモリ上

循環メモリバッファにトレース情報を書き込む。メモリの限界に達したら,最初のトレースの場所にトレースが追加される。

ディスクに書き出し

メモリバッファがいっぱいになったら,トレース情報をディスクファイルに書き込む。

ファイル名

ディスクに書き出し]が選択されている場合に,使用するトレースファイル名を示す。