RTL クロスプラットフォーム メッセージング ソリューションの使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーションでの RTL の使用 への移動


RTL にはクロスプラットフォームのメッセージング ソリューションが用意されており、System.Messaging ユニットに実装されています。

メッセージの送受信

RTL のクロスプラットフォーム メッセージング ソリューションはメッセージ マネージャに基づいています。

  • 特定の型のメッセージを受信する必要があるコンポーネントでは、メッセージ マネージャを通じて、対象となるメッセージ型にサブスクライブします。
  • コンポーネントはメッセージ マネージャにメッセージを送信し、メッセージ マネージャがそれらのメッセージを中継して、受信するメッセージの型にサブスクライブしたコンポーネントに送ります。

詳細については、「RTL を使用したメッセージの送受信」を参照してください。

FireMonkey での RTL メッセージのサポート

FireMonkey では、プラットフォーム サービス IFMXApplicationService を提供しています。これは、イベント通知へのクロスプラットフォーム アクセスを提供しており、これにより、アプリケーションが対象とする各プラットフォーム固有のイベント システムを使用する必要がなくなります。IFMXApplicationService がイベント通知をオペレーティング システムから受け取ると、イベント データを提供するためのメッセージ オブジェクト(TMessage またはその下位クラスの 1 つ)を生成します。このメッセージ オブジェクトには、発生したイベントに関する読み出し専用の情報が格納されています。メッセージ オブジェクトの型は、発生したイベントの型を示します。

また、FireMonkey コンポーネントでは、RTL メッセージを利用して互いに通信します。

FireMonkey コンポーネントでは、デフォルト メッセージ マネージャにメッセージを送信します。FireMonkey のメッセージ型の一覧については、「FireMonkey メッセージ型の一覧」を参照してください。


関連トピック

関連項目