#pragma 指令の概要:インデックス

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

プリプロセッサ:インデックス への移動


Appmethod C++ では、以下の #pragma 指令をサポートしています。

指令 説明
#pragma alias 2 つの識別子名が同等であることを示します。
#pragma alignment アラインメントの設定と列挙型のサイズを出力します。
#pragma anon_struct 無名構造体をコンパイルできるようにします。
#pragma argsused 使用されていない引数に関する警告を出力しないようにします。
#pragma checkoption 指定されたオプションが設定されているかどうかを確認します。
#pragma codeseg 関数割り当てのコード セグメントを指定します。
#pragma codestring 指定されたバイト データをコード セグメントに出力します。
#pragma comment オブジェクト ファイルにコメント レコードを書き込みます。
#pragma defineonoption 指定されたオプションが設定されている場合、指定されたシンボルを定義します。
#pragma delphiheader Delphi ヘッダーの範囲を示します。
#pragma exit プログラムの終了時(_exit の前)に実行される関数を指定します。
#pragma explicit_rtti クラスやレコードのどのメンバについて RTTI を生成するかを指定します(public、protected など)。
#pragma extref 指定されたシンボルの外部参照を強制します。
#pragma hdrfile プリコンパイル済みヘッダーの名前を指定します。
#pragma hdrignore 現在では使用されていません。
#pragma hdrstop 現在のヘッダーの後でプリコンパイルを停止します。
#pragma implements 現在のユニットの名前が含まれているコメント レコードをオブジェクト ファイルに出力します。
#pragma init_seg スタートアップ コードの実行順序を制御します。
#pragma inline -B オプションを付けてコンパイラが自動的に再起動するようになります。
#pragma intrinsic 関数のインライン展開を制御するオプションをオーバーライドします。
#pragma link 指定されたファイルを実行可能ファイルにリンクするようにリンカに指示します。
#pragma message 指定されたメッセージをコンパイル時に出力します。
#pragma nopushoptwarn #pragma option push 指令と #pragma option pop 指令が対応しない場合の警告が表示されないようにします。
#pragma nopackwarning #pragma pack(push) 指令と #pragma pack(pop) 指令が対応しない場合の警告が表示されないようにします。
#pragma noretval 関数の戻り値がないことを指定します。
#pragma obsolete 指定されたシンボルがもう使用されていないことを示します。
#pragma once 現在のヘッダー ファイルが複数回インクルードされないことを指定します。
#pragma option 現在のオプションを保存し、指定されたオプションを設定します。
#pragma pack 構造体のパッキング アラインメントを設定します。
#pragma package パッケージの初期化順序などのパッケージに関連する側面を制御します。
#pragma region と #pragma end_region コード領域を指定します。IDE エディタでコードの折りたたみに使用されます。
#pragma resource 指定されたファイルにフォーム ユニットのマークを付けるようにリンカに指示するコメント レコードを出力します。
#pragma samecodeseg 指定された関数を同じコード セグメントに配置します。
#pragma sizeof 指定された構造体のサイズを出力します。
#pragma startup プログラムの起動時(main の前)に実行される関数を指定します。
#pragma sysheader システム ヘッダーの範囲を示します。
#pragma undefineonoption 指定されたオプションが設定されている場合、指定されたシンボルの定義を解除します。
#pragma warn 警告の有効/無効を切り替えます。