OpenSSL

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

EMS、Cloud、REST の各アプリケーションの開発 への移動


OpenSSL は、SSL(セキュア ソケット レイヤ)プロトコルと TLS(トランスポート レイヤ セキュリティ)プロトコルのオープンソース実装です。また、OpenSSL には、アプリケーション/ブラウザと使用中のサービスをホストしているサーバーの間で安全な通信を行うための暗号通信ライブラリも用意されています。

Appmethod では、次のようなさまざまな分野での HTTPS サポートに OpenSSLを使用しています。

  • EMS サーバーでのプッシュ通知の送信EMS サーバーが稼働してプッシュ通知を送信するシステムには、OpenSSL ライブラリをインストールする必要があります。実行している EMS サーバー バイナリに応じて、32 ビットか 64 ビットの OpenSSL をインストールする必要があります。
  • InterBaseInterBase では、暗号化機能と OTW/SSL 機能に OpenSSL を使用しています。

OpenSSL のインストール

アプリケーションで、たとえば HTTP 要求を発行するためなどに、OpenSSL をサポートしている必要がある場合は、アプリケーションを配置する前に、必要なライブラリ ファイルをファイル システムに用意しておく必要があります。

プラットフォーム ダウンロードの必要性 ファイル名 静的リンク/動的リンク
Windows(32 ビットおよび 64 ビット) あり libeay32.dll および ssleay32.dll 動的
OSX なし libcrypto.dylib および libssl.dylib 動的
iOS デバイス(32 ビットおよび 64 ビット) あり libcrypto.a および libssl.a 静的
iOS シミュレータ なし libcrypto.dylib および libssl.dylib 動的
Android デバイス なし 動的

以下の要件については、お使いのプラットフォームに応じて修正してください。

32 ビットおよび 64 ビット Windows の場合

OpenSSL を 32 ビットまたは 64 ビット Windows にインストールするには、お使いのファイル システムにダイナミックリンク ライブラリ ファイル libeay32.dll および ssleay32.dll をコピーする必要があります。これらは、次のいずれかの方法でダウンロードすることができます。

選択肢 2 の方法に従い、libeay32.dll ファイルと ssleay32.dll ファイルをシステム パスにコピーする場合は、それらを必ず正しい場所にコピーしてください。
  • 32 ビット Windows の場合: libeay32.dllssleay32.dll32 ビット ファイルを Windows システム フォルダ(System32 フォルダ)にコピーする必要があります。
  • 64 ビット Windows の場合: libeay32.dllssleay32.dll64 ビット ファイルを 64 ビット ファイル用の Windows システム フォルダ(System32)にコピーし、libeay32.dllssleay32.dll32 ビット ファイルを 32 ビット ファイル用の Windows フォルダ(SysWOW64 フォルダ)にコピーします。
64 ビット Windows を使用している場合は、次のことを覚えておいてください。
  • System32 フォルダは 64 ビット ファイル専用です。
  • SysWOW64 フォルダは 32 ビット ファイル専用です。

32 ビットおよび 64 ビット iOS デバイスの場合

OpenSSL を 32 ビットまたは 64 ビット iOS デバイスにインストールするには、お使いのシステムに SSL ライブラリ ファイル libcrypto.a および libssl.a をコピーする必要があります。iOS 用 OpenSSL の .zip ファイルをダウンロードして解凍し、\lib ディレクトリ内の .a ファイルを見つけます。SSL ライブラリ ファイル libcrypto.a および libssl.a を次のディレクトリにコピーする必要があります。

  • C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\lib\iosDevice<アーキテクチャ>\debug
  • C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\lib\iosDevice<アーキテクチャ>\release

iOS シミュレータ、Mac OS X、Android の場合

iOS シミュレータ、Mac OS X、Android では、必要なファイルが既にファイル システムにあるので、これ以上必要な手順はありません。

関連項目