Object Pascal の実行時エラー

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ エラー:インデックス への移動


実行時に特定のエラーが発生すると、Object Pascal プログラムはエラー メッセージを表示し、終了します。

実行時エラーの識別

実行時エラーの形式は次のとおり:

Run-time error nnn at xxxxxxxx

ここでの nnn は実行時エラー番号、xxxxxxxx は実行時エラー アドレスです。


SysUtils クラスを使ったアプリケーションは、大抵の実行時エラーを Exception にマップしており、これにより、アプリケーションは終了せずにエラーを解決することができます。

実行時エラーの種類

Object Pascal 実行時エラーは、次のカテゴリに分類されます:

  • I/O エラー(エラー番号 100~149)
  • 致命的なエラー(エラー番号 200~255)
  • オペレーティング システム エラー

関連項目