Mac OS X アプリケーションのプロビジョニング

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Mac OS X アプリケーション開発 への移動


Apple により、Mac App Store に投稿するには、Mac OS X アプリケーションにコード署名することが義務付けられています。

必要な準備

アプリケーションをコード署名するには、まず Apple Developer Program に参加する必要があります。 まだこのプログラムに参加していない場合には、Apple Developer Program に参加してください。

証明書の入手

アプリケーションをコード署名するには、特定の証明書が必要です。Mac 上で Xcode を使用するか、Mac アプリケーション用デベロッパ証明書ユーティリティを使用して、次の証明書を取得します:

  • サードパーティ Mac デベロッパ アプリケーション証明書
  • サードパーティ Mac デベロッパ インストーラ証明書

証明書をダウンロードしたら、ダウンロードした .cer ファイルをダブルクリックしてキーチェーンにインストールします。

Appmethod で署名データを構成する

Appmethod でアプリケーションを開き、[プロジェクト|オプション...|プロビジョニングを選択します。ここで、Mac OS X プラットフォームのアプリケーション ストアの構成に、Mac アプリケーション配布用証明書と Mac インストーラ証明書を入力しなければなりません。

メモ: デフォルトの署名データは、次から構成することができます: [ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニング。新規プロジェクトに対して署名データが設定されていない場合、Appmethod は代わりにデフォルトの署名データを使用します。

関連項目