MESSAGE 指令(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動

構文

{$MESSAGE HINT|WARN|ERROR|FATAL '<テキスト文字列>' }



説明

Object Pascal の MESSAGE 指令を使用すると、ソース コードからコンパイラと同じようにヒント、警告、エラーを出力することができます。これは C および C++ の #emit や #pragma warn と似ています。

メッセージの種類(HINT、WARN、ERROR、FATAL のいずれか)は省略可能です。メッセージの種類が指定されない場合は、HINT がデフォルトになります。テキスト文字列は必須で、一重引用符で囲む必要があります。

以下に例を示します。

{$MESSAGE 'Boo!'}                   emits a hint
{$Message Hint 'Feed the cats'}     emits a hint
{$messaGe Warn 'Looks like rain.'}  emits a warning
{$Message Error 'Not implemented'}  emits an error, continues compiling
{$Message Fatal 'Bang.  Yer dead.'} emits an error, terminates compiler