LLVM ベースの Object Pascal コンパイラ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal ツールチェーン への移動


"次世代コンパイラ" とも呼ばれる、Object Pascal コンパイラの最新の分派は、コンパイラ フロントエンドのゼロからの実装をベースにしており、コンパイラ バックエンドとしての LLVM に関連付けられています。

LLVM ベースの Object Pascal コンパイラとしては、DCCIOSARM(32 ビット iOS)、DCCIOSARM64(64 ビット iOS)、DCCAARM(Android)があります。

LLVM ベースの Object Pascal コンパイラの新しい言語機能

LLVM ベースの Object Pascal コンパイラには、Object Pascal 言語の重要な新機能がいくつか導入されています。

LLVM ベースの Object Pascal コンパイラとその他の Object Pascal コンパイラの言語面での主要な違いは次のとおりです。

  • LLVM ベースの Object Pascal コンパイラでは、クラスの自動参照カウント(ARC)をサポートしています。
    メモ: すべての Object Pascal コンパイラ(LLVM ベースおよび非 LLVM ベース)では、インターフェイスと動的配列の ARC をサポートしています。
  • LLVM ベースの Object Pascal コンパイラでは、文字列はインデックスが(1 ではなく)0 から始まるほか、不変(一定)です。
  • LLVM ベースの Object Pascal コンパイラでは、次の文字列型はサポートされていません(デフォルトの文字列型である UnicodeString はサポートされています)。
    • WideString
    • AnsiString および ShortString
    • AnsiChar
    • PAnsiChar および PWideChar
    • OpenString
  • LLVM ベースの Object Pascal コンパイラでは、ポインタの使用はサポートされていません。

LLVM ベースの Object Pascal コンパイラに対応するコードの作成の詳細については、「デスクトップ アプリケーションからモバイル アプリケーションへの Object Pascal コードの移行」を参照してください。

関連トピック

関連項目