iOS アプリケーションのプロビジョニング

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

IOS モバイル アプリケーション開発 への移動


アプリケーションを iOS デバイスで実行したり、アプリケーションをアドホックに配布したり、アプリケーションを App Store に提出するためには、アプリケーションおよび iOS デバイスをプロビジョニングすることが Apple によって求められます。

必要な準備

アプリケーションをプロビジョニングする前に、以下を行う必要があります。

アプリケーションの App ID の作成

Apple 社の要請で、アプリケーションごとに、あるいはアプリケーション グループごとに App ID を作成する必要があります。App ID はアプリケーションの一意識別子です。新規アプリケーションの App ID を作成する方法については、Apple 社のドキュメントを参照してください。

iOS プラットフォーム用に、プロジェクトの[バージョン情報]ページで、CFBundleIdentifier フィールドの値にアプリケーションの App ID を指定する必要があります。手順は以下のとおりです。

  1. [プロジェクト|オプション...|バージョン情報]を開きます。
  2. CFBundleIdentifier フィールドを更新して、次の例のような Bundle ID を含めます:
com.mycompany.$(ModuleName)

アプリケーションで iOS のアプリ内購入をサポートするには、たとえば com.mycompany.myapp のような、1 つのアプリケーションに固有の明示的な App ID を使用します。com.mycompany.* などのワイルドカード App ID を使用することはできません。つまり、myapp の部分の名前が、アプリケーションの iTunes Connect エントリの App ID 名と一致しなければなりません。

プロビジョニング プロファイルの作成とインストール

Apple では、App ID ごとにプロビジョニング プロファイルを作成することを求めています。プロビジョニング プロファイルを使用して、その App ID を使用するアプリケーションのプロビジョニングを行うことができます。App ID ごとに以下のプロビジョニング プロファイルが必要です。

  • 開発用プロビジョニング プロファイル。アプリケーションを iOS デバイスで実行できるよう、デバッグ用にアプリケーションに署名する際に必要です(プラットフォーム構成は[開発])。
  • アプリケーションのアドホック配布用にアプリケーションに署名するための配布用プロビジョニング プロファイル(プラットフォーム構成は[アドホック])。
  • App Store への提出用にアプリケーションに署名するための配布用プロビジョニング プロファイル(プラットフォーム構成は[アプリケーション ストア])。

これらのプロビジョニング プロファイルの作成方法と iOS デバイスへのインストール方法については、Apple 社のドキュメントを参照してください。

Appmethod XE8 より、選択したプロビジョニング プロファイルが、自動的にターゲット デバイスにインストールされるようになりました。このため、プロジェクト マネージャでデバイスを選択し、プロジェクトをデプロイするのみで済みません。

Appmethod でのプロビジョニング プロファイルの構成

Appmethod でアプリケーションを開き、[プロジェクト|オプション...|プロビジョニングを選択します。[開発][アドホック][アプリケーション ストア]という iOS デバイスのプラットフォーム構成ごとに、プロビジョニング データを入力する必要があります。

メモ: [iOS デバイス - 32 ビット]および[iOS デバイス - 64 ビット]ターゲット プラットフォーム向けプラットフォーム構成は共有されません。たとえば、[Development 構成 - iOS デバイス - 32 ビット プラットフォーム]への変更は、[Development 構成 - iOS デバイス - 64 ビット プラットフォーム]には影響しません。[開発]iOS プラットフォーム構成を変更したい場合は、[Development 構成 - iOS デバイス - 32 ビット プラットフォーム][Development 構成 - iOS デバイス - 64 ビット プラットフォーム]の両方を変更する必要があります。

[開発]プラットフォーム構成用にプロビジョニング データを構成する場合、[ターゲット]にはアプリケーションのデバッグに使用するビルド構成を選択します([Debug]など)。
[アドホック][アプリケーション ストア]プラットフォーム構成用にプロビジョニング データを構成する場合、[ターゲット]にはアプリケーションの配置に使用するビルド構成を選択します([Release]など)。

メモ: デフォルトのプロビジョニング プロファイルは、[ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニングで構成することができます。新規プロジェクトのプロビジョニング プロファイルを構成していない場合、Appmethod では、代わりにデフォルトのプロビジョニング プロファイルが使われます。

関連項目