IDE 内の Mercurial インテグレーション

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

IDE 内のバージョン管理システム への移動

バージョン インサイト機能により、Mercurial バージョン管理システムが IDE 内に統合されています。

Mercurial SCM の詳細は、http://mercurial.selenic.com/ を参照してください。

IDE での Mercurial の機能

IDE 内の Mercurial で管理されている任意のファイルに対して、以下が可能です。

  • 履歴マネージャには、ローカル ファイル履歴情報と Mercurial 履歴情報の両方が表示されます。たとえば、Mercurial のコメントおよび履歴は、履歴マネージャの[情報]タブで参照できます。
  • Mercurial システムで作成され管理されているファイルであれば、たとえそれが IDE で作成またはバックアップされたものでなくても、そのファイルのバージョン間で比較する、つまり差分を取ることができます。
  • 以下のようなよく使われる Mercurial コマンドを実行できます。
    • [コミット](Mercurial)(ローカルの変更内容をローカル リポジトリに送信する)
    • ログの表示(履歴マネージャ[情報]タブをクリックする)
    • [差分](ファイルの 2 つのバージョンを比較する)

Appmethod における Mercurial コマンド

Mercurial を熟知している場合は、よく行われる Mercurial タスクを Appmethod IDE で実行する方法を説明しているこの便利な表をご覧ください。

Appmethod での Mercurial の有効化

Mercurial サポートはデフォルトでは有効になっていません。IDE で Mercurial を有効にするには、以下の手順を実施してください。

  1. システムに Mercurial をダウンロードしてインストールします。
  2. IDE で、[ツール|オプション...|バージョン管理|Mercurial]を開きます。
  3. システムにインストールした Mercurial 実行可能ファイル(hg.exe)のパスを入力します。たとえば、Windows システムでは、hg 実行可能ファイルは次の場所にあります。
    C:\Program Files\Mercurial\hg.exe
  4. 必要に応じて、他のパラメータを変更します。
  5. [OK]をクリックして、ウィザードを終了します。

Mercurial 機能を実装するにあたって、IDE ではプロジェクトに何も追加しません。IDE では、ローカル リポジトリに格納されている Mercurial 情報を使用するだけです。

Mercurial のセットアップ

システムに Mercurial をインストールしたら、ユーザー名電子メール アドレスを設定する必要があります。Mercurial では、コミットのたびにこの情報を使用します。

Mercurial リポジトリのユーザー名および電子メール アドレスを構成するには、システムに置かれている Mercurial.ini ファイル(C:\Users\<ユーザー名>\Mercurial.ini)を編集する必要があります。

  1. コマンド ライン ツールを開きます。
  2. 次のコマンドを入力します。
    hg config --edit
  3. ファイルに示されているようにユーザー名と電子メール アドレスを追加します。
    # username = Jane Doe <jdoe@example.com>
    username =
  4. 以下を入力して新しい設定を確認します。
    hg config

ローカル リポジトリの更新

バージョン間での競合を避けるため、変更を開始する前に必ずローカル ファイルを更新してください。

  1. コマンド ライン ツールを開きます。
  2. Mercurial リポジトリのローカル フォルダに移動します。
  3. 次のコマンドを入力します。
    hg pull
  4. 必要に応じて、リモート リポジトリへの認証を行います。
  5. ローカル ディレクトリを更新します(pull コマンドで自動的に更新されることはありません)。
    hg update
メモ: バージョン管理されているファイルの最新のリビジョンを使用している場合は、「No changes found」(既に最新です)というメッセージが表示されます。

Mercurial 使用時のトラブルシューティング

リモート リポジトリから内容を取得できない

リモート Mercurial リポジトリで認証が必要な場合(プライベート リポジトリの場合)、コマンド ラインからデータのクローンを作成する必要があります。「認証の必要なリポジトリのコピーのクローンによる作成」を参照してください。

関連トピック

対応コマンド

リポジトリ関連の動作

ログと履歴関連の動作

差分ビュー関連の動作

変更の取り消し

各ダイアログ ボックスとペイン

関連項目