__has_trivial_assign

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

型特性関数(C++0x):インデックス への移動


カテゴリ

型特性関数

構文

bool __has_trivial_assign (型名 T )

T が自明なコピー代入演算子を持つ場合のみ true を返します。

T が不完全な型の場合、エラーになります。

作業ドラフトの 20.4.4.3 節の定義によれば、T が const および参照型ではなく、以下のいずれかである場合、型 T は自明なコピー代入演算子を持っています。

  • スカラー型(または、その配列)
  • 自明なコピー代入演算子を持つクラス型

作業ドラフトの 21.8 節によれば、以下の条件に当てはまる場合、クラス X のコピー代入演算子は自明です。

  • ユーザーが指定していない。
  • クラス X は仮想関数を持たない。
  • クラス X は仮想基底クラスを持たない。
  • X の直接の各基底クラスは、自明なコピー代入演算子を持っている。
  • クラス型(または、その配列)である X の静的でないすべてのデータ メンバの場合、それらの各クラス型が自明なコピー代入演算子を持つ。

コピー代入演算子が暗黙的に宣言されている場合、またはインラインを = default; として定義している場合、コピー代入演算子はユーザーの指定ではありません。

コピー代入演算子が削除済みとして定義されている場合、Ox 相互作用 false を返します。

デフォルトのコンストラクタが削除済みとして定義されている場合、Ox 相互作用 false を返します。

デフォルトの関数定義を持つ Ox 相互作用

関連項目