FireMonkey コンポーネントの作成(C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

FireMonkey コンポーネント ガイド への移動


サンプル:ダイアログ ボタン パネル

Windows および Max OS X の両方で、インターフェイスのガイドラインが推奨されていて、ダイアログ ボックスにおける Do(実行する)/Don't(実行しない)/Cancel(キャンセル)の標準ボタンの配置(順序)が規定されています。2 つのプラットフォームのガイドラインは少し異なります。代表的な例が保存ダイアログ ボックスです("保存"、"保存しない"、および "キャンセル" が選択肢)。 ここで作成する TDialogButtonPanel カスタム コンポーネントでは、プラットフォーム固有のスタイル ファイル(RCDATA として含まれる)を使って、差分をカプセル化して吸収します。

手順は以下のとおりです。

関連項目