FireMonkey コントロールへのポップアップ メニューの追加

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

FireMonkey アプリケーションにおけるメニューの使い方 への移動


オブジェクト インスペクタで、PopupMenu プロパティを設定すると、FireMonkey コントロールにポップアップ メニューを追加することができます。 ポップアップ メニューは、実行時にコントロールを右クリックすると表示されます。

FireMonkey コントロールへポップアップ メニューを追加するには:

  1. マルチデバイス アプリケーションを開きます。
  2. ツール パレットからフォームへ、TPopupMenu を追加します。
    • ポップアップ メニューをダブルクリックして項目を追加します。 ポップアップ メニューを空のままにしておくと、対応するコントロールを右クリックしても何も起こりません。
  3. ツール パレットから、FMX.StdCtrls.TButtonFMX.Colors.TColorQuad などの FireMonkey コントロールをフォームに追加します。
    • ここで使用するコントロールは、PopupMenu プロパティをサポートしたものでなければなりません。
  4. オブジェクト インスペクタで、コントロールの PopupMenu プロパティに既存のポップアップ メニュー コンポーネントを設定します。 (PopupMenu プロパティの下向き矢印 ProjectOptionsDownArrow2.jpg をクリックすると、ポップアップ メニュー コンポーネントの名前を選択することができます。)
  5. アプリケーションをビルドして実行。
  6. コントロールを右クリックして、マウスの位置にポップアップ メニューが表示されることを確認します。

関連項目