FireMonkey クイック スタート ガイド - 画像効果とアニメーション効果の利用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

FireMonkey クイック スタート ガイド - はじめに への移動


FMQS A2.pngFMQS B2.pngFMQS C2.pngFMQS D2.pngFMQS E2.pngFMQS F2.pngFMQS G2.pngFMQS H2.pngFMQS I.pngFMQS J2.png

FMQS 12.pngFMQS 22.pngFMQS 32.pngFMQS 42.pngFMQS 5.pngFMQS 62.png


WhiteSpace50.png

FireMonkey の組み込み ImageFX エンジンを使用すると、複雑なプログラミングを行わずに、シェーダのパワーを活かした GPU 画像処理を手軽に実行できます。ImageFX エンジンは、画像変換、リアルタイム効果、UI 効果を始めとする多くの用途に使用できます。Photoshop や CoreImage と同様に、ImageFX では、単一の動的 GPU 命令パイプラインを同時に利用した複数のフィルタをサポートしており、ほぼリアルタイムのピクセル パーフェクトな(1 ピクセルのずれもない)パフォーマンスを実現できます。

WhiteSpace50.png

Tiger no outline 2.png

WhiteSpace50.png

  • チュートリアル「FireMonkey の画像効果の利用では、FireMonkey アプリケーションに画像効果を適用する方法の概要を説明しています。

WhiteSpace50.png

FireMonkey の HD オブジェクトと 3D オブジェクトはすべて、タイムラインベースのアニメーションを使ってアニメーション化することができ、それによって、動き、遷移、効果を生み出すことができます。マウス、タッチ デバイス、モーション コントローラなどの入力手段やユーザー コントロールにアニメーションを適用して、対話性の非常に高いアプリケーション、キオスク端末、デモを実現できます。

WhiteSpace50.png

Butterfly.png

WhiteSpace50.png


Next Page.png

WhiteSpace50.png