_export、__export(C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

キーワード(アルファベット順):インデックス への移動


カテゴリ

修飾子 (C++), 拡張キーワード

形式 1

class _export <class name>

形式 2

return_type _export <function name>

形式 3

data_type _export <data name>

説明

これらの修飾子はクラス、関数、データをエクスポートする場合に使います。

リンカは _export または __export のフラグが付いた関数をモジュールのエクスポート テーブルに入れます。

_export または __export を使用すると、モジュール定義ファイルで EXPORTS セクションが不要になります。

_export または __export が付かない関数は、省略形のプロローグ/エピローグ コードを使うため、オブジェクト ファイルが小さくなり、実行速度も多少向上します。

メモ: _export または __export を使って関数をエクスポートする場合、関数は序数ではなく名前でエクスポートされます(通常は序数の方が効率的です)。

各種属性をデフォルトから変更する場合は、モジュール定義ファイルが必要となります。

メモ: __export 形式は、Clang ベースの C++ コンパイラでのみサポートされています。


関連項目