__declspec(pascalimplementation)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

キーワード(アルファベット順):インデックス への移動


カテゴリ


修飾子拡張キーワード記憶クラス指定子


構文

__declspec( pascalimplementation ) declarator

pascalimplementation 引数は、クラスを定義するコードが Object Pascal で実装されたことを示します。 この指定子は C++ コンパイラに対して、declarator の RTTI/VMT/TypeId を生成しないよう指示します(Object Pascal コンパイラによって既に生成されているため)。 この修飾子は、Object Pascal の移植性のために用意されているヘッダー ファイル(拡張子は .hpp)で使用されます。


説明

Object Pascal のパッケージは -JPHNE フラグを指定してコンパイルすることができ、それにより、パッケージ内の関数の C++ ヘッダーである、拡張子が .hpp のファイルが生成されます。 これらの関数は、Object Pascal OOP ルールによる制約をコンパイラが実施できるよう、__declspec(pascalimplementation) と宣言する必要があります。

メモ: 自分で記述する C++ プログラムでこの __declspec 指定子を使用してはなりません。 この指定子を含むことができるのは、Object Pascal コンパイラが生成するコードです。

関連項目