CodeGuard の概要

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

CodeGuard を使用した C++ アプリケーションのデバッグ:インデックス への移動

CodeGuard では、Appmethod で開発した 32 ビット Windows 版 C++ アプリケーションの実行時デバッグを行えます。CodeGuard は、構文規則に違反していないためにコンパイラでは検出されないエラーを通知します。CodeGuard では、実行時ライブラリを追跡するほか、マルチスレッド アプリケーションを完全にサポートしています。

CodeGuard では以下の 2 種類を主たる対象としています。

  • メモリおよびリソースの使用状況確認
  • 関数呼び出しの検証

メモリおよびリソースの使用状況確認

CodeGuard では、メモリの誤った使用、不適切なメモリ割り当て/割り当て解除、無効なファイル ストリーム/ハンドル、ファイル ストリーム/ハンドルの不適切な使用に起因するリソース リークがないかどうかをチェックします。CodeGuard では、ポインタ逆参照とポインタ算術演算が正しいか確認します。既に解放されているメモリやリソースにプログラムでアクセスしようとした場合、CodeGuard はエラーを通知できます。

関数呼び出しの検証

CodeGuard では、関数の引数が正しいかどうかを確かめ、関数の戻り値で示されるとおりに関数の失敗を通知します。関数呼び出しで使用される Windows リソース ハンドルも検証します。

関連項目