C++ ヘッダー ファイル(*.h、*.hpp)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


C++ ヘッダー ファイルには、C++ インターフェイスが定義されます。これは通常、C++ 実装ファイルで実装されます。

Appmethod C++ ヘッダー ファイル

Appmethod C++ の場合:

  • ユニットには、通常、<ユニット名>.h というファイル名の C++ ヘッダー ファイルが含まれます。
  • プロジェクトには、<プロジェクト名>PCH<n>.h という C++ ヘッダー ファイルが含まれます。

Object Pascal パッケージの C++ ヘッダー ファイル

Object Pascal パッケージをビルドする際、Appmethod は、パッケージ内のユニットそれぞれに対して C++ ヘッダー ファイル(<ユニット名>.hpp)を、また、パッケージ全体に対して C++ ヘッダー ファイル((<パッケージ名>.hpp)を 1 つ生成します。 これは、[C/C++ 出力ファイルの生成]オプション([プロジェクト|オプション...|Object Pascal コンパイラ|出力 - C/C++が、[すべての Appmethod C++ ファイル (パッケージ ライブラリを含む) を生成]である場合に限ります。

このパッケージを使用する C++ プロジェクトのコンパイルを成功させるには、この C++ ヘッダー ファイルが必要です。

Object Pascal パッケージをビルドすると、C++ ヘッダー ファイルがデフォルトでは以下のフォルダに生成されます。

  • デスクトップ プラットフォームの場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\hpp\<platform>
  • モバイル プラットフォームの場合: C:\Users\<user>\Documents\Embarcadero\Studio\Projects\<プロジェクト>\<プラットフォーム>\<ビルド構成>

出力ディレクトリを変更するには、[プロジェクト|オプション...|Object Pascal コンパイラ|出力 - C/C++[C/C++ .hpp 出力ディレクトリ]オプションを使用します。

関連項目