C++ のクラス

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

クラス:インデックス への移動

C++ のクラスは,定義済みの型の体系を拡張するものです。各クラス型は,ユニークな一連のオブジェクトと,そのようなオブジェクトの生成,処理,削除を行うのに使用できる演算(メソッド)および変換を表します。1 つあるいは複数の基本(親)クラスを継承した派生型を宣言できます。

C++ では,構造体と共用体は,あるアクセスのデフォルトを持つクラスと解釈されます。

クラス宣言の構文の概要を簡潔に示すと次のようになります。

クラスキーワード < 型情報 > クラス名

<: 基本型リスト >{< メンバーリスト >};

クラスキーワードは,classstructunion のいずれかです。

オプションの型情報は,クラスに関する実行時型情報を要求することを意味します。コンパイラオプションを指定するか,または __rtti キーワードを使って要求することもできます。

オプションの基本型リストは,基本クラスと,「クラス名」クラスがオブジェクトおよびメソッドを継承するクラスをリストします。なんらかの基本クラスを指定している場合は,「クラス名」クラスは派生クラス(derived class)と呼ばれます。基本型リストは,デフォルトおよびオプションのオーバーライドするアクセス指定子を持ちます。これにより,基本クラスのメンバーに対する派生クラスのアクセス権を変更できます。

オプションのメンバーリストは,「クラス名」のクラスメンバー(データと関数)を宣言します。各メンバーは,どの関数がどのメンバーをアクセスできるかに影響を与える,デフォルトまたはオプションのオーバーライドするアクセス指定子を持ちます。

関連項目