Bluetooth の使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーションでの RTL の使用 への移動


RTL には、アプリケーションに Bluetooth サポートを実装するためのクラスが用意されています。アプリケーションを Bluetooth 対応のデバイスで実行する場合、アプリケーションでデバイスの Bluetooth 機能を使用して、リモート デバイスのアプリケーションに接続し、それらのリモート アプリケーションとデータを交換することができます。

プラットフォーム サポート

プラットフォーム クラシック Bluetooth Bluetooth LE
クライアント サーバー

Windows*

YesC++11Feature.png

8 以上

Mac OS X

YesC++11Feature.png

10.7 以上

10.9 以上

iOS

5 以上

6 以上

Android

YesC++11Feature.png

4.3 以上

*Windows Server では Bluetooth をサポートしていません(「Windows での Bluetooth の汎用サポート」を参照)。

Mac OS X と iOS の場合、BluetoothLE は次のハードウェアでのみサポートされています。

  • MAC OS X:
    • Mac Mini
    • Mac Air: mid2011 以上
    • MacBook Pro: mid2012 以上
  • iOS:
    • iPhone 4S 以上
    • iPad 3 以上 (Retina 対応)
    • iPod Touch (第 5 世代)以上

iOS におけるクラシック Bluetooth

RTL では iOS でのクラシック Bluetooth をサポートしていません。これは、クラシック Bluetooth の SDK にアクセスが許可されているのはハードウェア メーカーのみだからです。詳細は、「Apple Developers: MFi Program」(Apple デベロッパ: MFi プログラム)を参照してください。

クラシック Bluetooth と Bluetooth LE の比較

ClassicBluetoothVsLowEnergyBluetooth.png
メモ: 画像の出典: http://www.bluetooth.com/pages/bluetooth-brand.aspx


クラシック Bluetooth:

  • Bluetooth LE 技術よりもスループット(処理能力)が優れているため、データ ストリーミングを伴うアプリケーションに有効。
  • データ転送速度:  2Mbps
  • 消費電力が大きい。ある種のデバイス(ウェアラブルなど)には適さない。
  • 車載ハンズフリー機器などでよく使用される(ハンズフリー プロファイル)。
  • 技術的には、標準 Bluetooth プロファイル(SPP、DUN、PAN)に基づいている。
  • プロトコルは最大 7 スレーブまでに制限される。

Bluetooth LE の特徴:

  • 少量のデータを定期的に転送する必要があるアプリケーションに有効。
  • データ転送速度:  100 Kbps 未満
  • 消費電力が非常に小さい(一連の工業技術および無線技術で確保)。
  • 技術的には、GATT プロファイル(汎用属性プロファイル)に基づいている。
  • 多数のスレーブをサポート。
  • 接続に要する時間が短く、ペア設定処理は不要。Bluetooth LE では、デバイスに接続して情報を読み書きする必要があるだけ。

関連トピック

関連項目