Application の種類(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動


種類

パラメータ

構文

{$APPTYPE GUI} または {$APPTYPE CONSOLE}

デフォルト

{$APPTYPE GUI}

スコープ

グローバル



説明

この指令は,Object Pascal Windows プログラミングでのみ使用します。

$APPTYPE 指令は,Win32 コンソールまたは GUI アプリケーションのどちらを生成するかを制御します。

{$APPTYPE GUI} 状態にすると,コンパイラは GUI アプリケーションを生成します。これは,Object Pascal アプリケーションの通常の状態です。

{$APPTYPE CONSOLE} 状態(/CC コマンドラインオプションと等価)にすると,コンパイラはコンソールアプリケーションを生成します。コンソールアプリケーションが起動されると,入力および出力標準テキストファイルが自動的にコンソールウィンドウに関連付けられます。

{$APPTYPE CONSOLE} を設定すると,プログラムで明示的に出力ファイルを開かなくても Writeln 文を使用できるため,デバッグに便利です。

System ユニットで宣言される IsConsole 論理変数を使用すると,プログラムがコンソールアプリケーションとしてコンパイルされたか,GUI アプリケーションとしてコンパイルされたかを検出できます。

$APPTYPE 指令は,プログラムに対してのみ意味を持ちます。ライブラリ,ユニット,またはパッケージでは使用できません。