Apple アプリケーションのリソース ルール ファイル(ResourceRules.plist)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


iOS デバイスのいずれかのターゲット プラットフォームを対象にプロジェクトをビルドすると、Appmethod は、Apple アプリケーション リソース ルール フィルを生成します。このファイルは、アプリケーションのバンドルを生成するために必要となります。

Apple アプリケーションのリソース ルール ファイルには、アプリケーションのバンドル内の一部のファイルに適用される特別なルールが定義されます。

プロジェクトをビルドすると、Apple アプリケーションのリソース ルール ファイルがデフォルトでは ResourceRules.plist という名前で生成され、以下のフォルダに格納されます。

  • パッケージの場合
    メモ: パッケージには Apple アプリケーションのリソース ルール ファイルは必要ありません。
    • Object Pascal の場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\Bpl\<プラットフォーム>
    • C++ の場合:
      • C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\Bpl\<プラットフォーム>\<ビルド構成>
      • C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\DCP\<プラットフォーム>\<ビルド構成>
  • その他のプロジェクトの場合: C:\Users\<user>\Documents\Embarcadero\Studio\Projects\<プロジェクト>\<プラットフォーム>\<ビルド構成>

出力ディレクトリを変更するには:

  • Object Pascal の場合: [プロジェクト|オプション...|Object Pascal コンパイラ[パッケージの出力ディレクトリ]オプションを使用します。
  • C++ の場合: [プロジェクト|オプション...|C++ (共有オプション)[BPI/LIB 出力]オプションを使用します。

関連項目