Android 向けの組み込み Appmethod Java ライブラリの使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Appmethod Android アプリケーションでの Java ライブラリの使用 への移動


インストールされた Appmethod には、FireMonkey 全体で、または FireMonkey の特定のコンポーネントやプラットフォーム サービスで必要な一連の Java ライブラリが含まれています。Appmethod にはまた、これらの Java ライブラリごとに Object Pascal ユニットおよび C++ ヘッダー ファイルが 1 つ以上用意されています。作成する Appmethod アプリケーションにこれらの Object Pascal ファイルまたは C++ ファイルを組み込んで、ベースとなる Java ライブラリの API にアクセスすることができます。

インストールされた Appmethod にはまた classes.dex ファイルも含まれていますが、これは、この一連の Java ライブラリを単一の Dalvik 実行可能ファイルに変換した結果です。Android ターゲット プラットフォーム向けのアプリケーションを配置する場合は、Appmethod により、classes.dex ファイルがアプリケーションにデフォルトで組み込まれます。このファイルにより、実行時に Appmethod アプリケーションから Android API および残りの組み込み Appmethod Java ライブラリとやり取りすることができます。

Android 向けの組み込み Appmethod Java ライブラリ一覧

インストールされた Appmethod には下記の Java ライブラリが含まれています。

ライブラリ ネイティブ ファイル 説明

Android API

Androidapi.JNI.App
Androidapi.JNI.Dalvik
Androidapi.JNI.GraphicsContentViewText
Androidapi.JNI.Hardware
Androidapi.JNI.InputMethodService
Androidapi.JNI.Java.Security
Androidapi.JNI.JavaTypes
Androidapi.JNI.Location
Androidapi.JNI.Media
Androidapi.JNI.Net
Androidapi.JNI.OpenGL
Androidapi.JNI.Os
Androidapi.JNI.Provider
Androidapi.JNI.Telephony
Androidapi.JNI.Util
Androidapi.JNI.VideoView
Androidapi.JNI.Webkit
Androidapi.JNI.Widget

Android プラットフォームの API。

Android サポート

Androidapi.JNI.Support

Android プログラミング用のさまざまな機能を提供する一連のライブラリ。

FireMonkey

Androidapi.JNI.Embarcadero

Android プラットフォーム上の FireMonkey アプリケーション プラットフォームで必要なコア機能を提供するライブラリ。

Google モバイル広告

Androidapi.JNI.AdMob

Google モバイル広告サービスの SDK。

Google アナリティクス

Androidapi.JNI.Analytics

Google アナリティクス サービスの SDK。

Google Play アプリケーション ライセンス認証

Androidapi.JNI.Licensing

ライセンス確認ライブラリ(Android アプリケーションにライセンス認証を簡単に追加できるようにするヘルパ クラスの集まり)。

Google Play アプリ内課金

Androidapi.JNI.InAppBilling

Google Play アプリ内課金サービスの API。

Google Play サービス

Androidapi.JNI.PlayServices

Google Play サービスの API。

APK 拡張

Androidapi.JNI.ApkExpansion

Android APK 拡張ファイルを Google Play サーバーにホストするための SDK。

クラウド メッセージング

Androidapi.JNI.PlayServices.GCM

Google クラウド メッセージング サービスの SDK。

FireMonkey Java ライブラリは Embarcadero ライブラリです。APK 拡張クラウド メッセージングの Java ライブラリは、Embarcadero による変更が含まれているサードパーティ製ライブラリです。上記の表に一覧されている残りの Java ライブラリは未変更のサードパーティ製ライブラリです。

"ネイティブ ファイル" 列に示されているファイルは、ネイティブ コードでこれらの Java ライブラリの API にアクセスするために Appmethod アプリケーションに組み込むことができるファイルです。これらのファイルは、Appmethod インストール フォルダ(C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0)内の次のパスに存在します。

  • Object Pascal ユニット: source\rtl\android.pas ファイル拡張子)
  • C++ ヘッダー ファイル: include\android\rtl.hpp ファイル拡張子)

サードパーティ製 Java ライブラリの一部の機能では以下が必要になる場合があります。

詳細については、各サードパーティ製ライブラリの公式ドキュメントを参照してください。

アプリケーション サイズを縮小するための不要な組み込み Appmethod Java ライブラリの無効化

デフォルトでは、Appmethod を使用して作成したどの Android アプリケーションの classes.dex ファイルにも、上の表に記載したすべての Java ライブラリが含まれます。こうすると、アプリケーションは常に問題なく動作しますが、アプリケーション パッケージのサイズも大きくなってしまいます。

これらの組み込み Java ライブラリの一部(広告やアナリティクスなど)がアプリケーションで使われないと確実にわかっているなら、その不要なライブラリをプロジェクトから削除し、アプリケーション パッケージに含めないようにすることができます。アプリケーションで新機能を提供するときに必要になればいつでも、追加し直すことができます。

プロジェクトから組み込み Java ライブラリを削除するには:

  1. [プロジェクト マネージャ]で、ターゲット プラットフォーム|Android]の下の[ライブラリ]ノードを展開します。
  2. アプリケーションの classes.dex ファイルに含めたくない Java ライブラリ ファイルを右クリックします。
  3. [無効化]を選択して、選択した Java ライブラリ ファイルを無効にします。
    ProjectManagerAndroidLibrariesDisable.png

既に無効になっている組み込みライブラリを有効にするには、同様の手順で、[無効化]ではなく[有効化]を選択します。

関連項目