ANSI で定義されている strftime 用書式指定子

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

strftime、wcsftime への移動


strftime で使用される書式文字列に関して ANSI で定義されている指定子を以下の表に示します。

書式指定子 置換結果

%%

%#%

%a

%#a

%A

%#A

%b

%#b

%B

%#B

%c

%#c

%d

%#d

%H

%#H

%I

%#I

%j

%#j

%m

%#m

%M

%#M

%p

%#p

%S

%#S

%U

%#U

%w

%#w

%W

%#W

%x

%#x

%X

%#X

%y

%#y

%Y

%#Y

%Z、%z

%#Z

文字 %。

文字 %。フラグは無視されます。

曜日の省略名。

曜日の省略名。フラグは無視されます。

曜日の完全名。

曜日の完全名。フラグは無視されます。

月の省略名。

月の省略名。フラグは無視されます。

月の完全名。

月の完全名。フラグは無視されます。

日付および時刻。

現在のロケールに適した、長い形式の日付および時刻。例: Tuesday, March 14, 1995, 12:41:29

2 桁の日(01 ~ 31)。

2 桁の日。先頭に 0 があれば削除されます。

時間。24 時間表記。

時間。24 時間表記。先頭に 0 があれば削除されます。

2 桁の時間。12 時間表記(01 ~ 12)。

2 桁の時間。12 時間表記。先頭に 0 があれば削除されます。

3 桁の年間通算日(001 ~ 366)。

3 桁の年間通算日。先頭に 0 があれば削除されます。

10 進数表記の 2 桁の月(1 ~ 12)。

10 進数表記の 2 桁の月。先頭に 0 があれば削除されます。

2 桁の分(00 ~ 59)。

2 桁の分。先頭に 0 があれば削除されます。

AM または PM。

AM または PM。フラグは無視されます。

2 桁の秒(00 ~ 59)。

2 桁の秒。先頭に 0 があれば削除されます。

日曜日を週の初日とした 2 桁の週番号(00 ~ 53)。

日曜日を週の初日とした 2 桁の週番号。先頭に 0 があれば削除されます。

0 を日曜日とした曜日(0 ~ 6)。

0 を日曜日とした曜日。先頭に 0 があれば削除されます。

月曜日を週の初日とした 2 桁の週番号(00 ~ 53)。

月曜日を週の初日とした 2 桁の週番号。先頭に 0 があれば削除されます。

日付。

現在のロケールに適した、長い形式の日付。例: Tuesday, March 14, 1995

時刻。

時刻。フラグは無視されます。

世紀部分を含まない 2 桁の西暦年(00 ~ 99)。

世紀部分を含まない 2 桁の西暦年。先頭に 0 があれば削除されます。

世紀部分を含む西暦年。

世紀部分を含む西暦年。先頭に 0 があれば削除されます。

タイム ゾーンの名前。タイム ゾーンが指定されていない場合は文字なしになります。

タイム ゾーンの名前。タイム ゾーンが指定されていない場合は文字なしになります。フラグは無視されます。

関連項目