3D マルチデバイス アプリケーション

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ファイル]メニュー への移動


[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - Object Pascal|3D アプリケーション]
[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++|3D アプリケーション]

[マルチデバイス アプリケーション]ウィザードで[3D アプリケーション]アイコンを選択すると、3D マルチデバイス アプリケーションのフレームワークが作成されます。フォーム デザイナが開き、基底フォーム(FMX.Forms3D.TForm3D)が表示されます。新しいマルチデバイス アプリケーションは、デフォルトでは、サポートされているターゲット プラットフォームのすべてを対象に構成されます。

どのマルチデバイス アプリケーションのフォーム ファイルも、ファイル拡張子は .fmx になります。

uses(Object Pascal)

Object Pascal 3D マルチデバイス アプリケーションの場合は、.pas ファイルの uses セクションに次のユニット(ユニット スコープ名を含む)が指定されています。

uses
  System.SysUtils, System.Types, System.UITypes, System.Classes, System.Variants,
  FMX.Types, FMX.Controls, FMX.Forms3D, FMX.Forms, FMX.Graphics, FMX.Dialogs;

#include(C++)

C++ 3D マルチデバイス アプリケーションの場合は、ヘッダー ファイルに次のユニットが指定されています。

#include <System.Classes.hpp>
#include <FMX.Controls.hpp>
#include <FMX.Forms.hpp>
#include <FMX.Forms3D.hpp>

関連項目