[XML データ バインディング ウィザード]、ページ 1

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ファイル]メニュー への移動

[ファイル|新規作成|その他...|Object Pascal プロジェクト|XML|XML データ バインディング]

[ファイル|新規作成|その他...|C++ プロジェクト|XML|XML データ バインディング]

このウィザードを使用して、XML ドキュメントやスキーマの構造に対応するインターフェイスやクラスの定義を生成することができます。ウィザードは、ドキュメントのルート要素のインターフェイスを返すグローバル関数を生成します。このウィザードは、既存の Object Pascal または C++ アプリケーション内でしか使用できません。

ウィザードを使ってこれらの定義を生成したら、そのクラスやインターフェイスを使って、指定したドキュメントまたはスキーマの構造を持つ XML ドキュメントを処理することができます。

項目 説明

[スキーマあるいは XML データ ファイル]

ウィザードを使ってインターフェイスおよび実装クラスを生成したいスキーマまたは XML ドキュメントのファイル名を入力します。編集コントロールの隣には参照([...])ボタンがあり、それをクリックすると XML ドキュメントやスキーマのファイルを探して選択することができます。

[XDB 設定ファイルを使う]

前回ウィザードを使って設定を保存したときの選択内容に合わせてウィザードを初期化するかどうかを指定します。オンにすると、以前にウィザードの 3 ページ目で保存した最新の XDB ファイルを使ってウィザードが開始します。

[オプション]

[XML データ バインディング ウィザード オプション]ダイアログ ボックスが開きます。XML ドキュメントやスキーマに含まれるインターフェイスや実装クラスに対してウィザードがどのようなコードを生成するかを制御するための、さまざまなオプションを選択できます。

メモ: C++ を使用している場合、ソース ファイル(.cpp)に##pragma package(smart_init) 指令を追加します。これは、以下の C++ リンカ エラーを回避するためです。

[ilink32 Error] Error: Export bool __fastcall System::TObject::GetInterface<Xml::Xmlintf::IXMLDocument>  (System::DelphiInterface<Xml::Xmlintf::IXMLDocument>&) in module DataBin

関連項目