表示: Object Pascal C++
表示設定

[C++ (共有オプション)]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内, 検索

[C++ コンパイラ]プロジェクト オプション への移動


[プロジェクト|オプション...|C++ (共有オプション)]

このページを使用して、ディレクトリのパスと条件定義を設定します。このページでの設定は、[プロジェクト|オプション...ダイアログのすべてのツール(コンパイラ、リンカなど)に適用されます。

オプション 説明

[ターゲット]、[適用...]、[保存...]

[ターゲット]オプション」を参照。

共通項目

[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」を参照。

共有オプションはすべてのプラットフォームをサポート: このページのオプションはすべての C++ コンパイラで共有されるため、サポートされているすべてのターゲット プラットフォームでサポートされます。
項目 説明 コンパイラ/リンカ スイッチ
  bcc32/ilink32     bcc64/ilink64     bccosx/xlink     bcciosarm/ld     bcciosarm64/ld     bccaarm/ld  

[BPI/Lib 出力]

bpi/lib 出力ファイルが生成された場合、このファイルを指定のディレクトリに格納するようにリンカに指示します。

このオプションでは、次のファイルの出力フォルダを指定します。

該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし

[条件定義]

条件コンパイラ指令で参照されるシンボルを導入します。複数のシンボルを入力する場合は、セミコロンで区切ります。たとえば、「DEBUG;Platform32Bit」のように指定します。

参照 をクリックすると、[条件定義]ダイアログ ボックスが開きます。

-D

-D

-D

-D

-D

-D

[最終出力ディレクトリ]

ビルドの最終出力(実行可能ファイル、OCX、DLL など)が作成されるディレクトリを指定します。[最終出力ディレクトリ]を指定しない場合、[中間出力](この表中で説明)で指定したディレクトリが使用されます。

このオプションでは、次のファイルの出力フォルダを指定します。

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

[インクルード パス]

インクルード ファイルを検索するディレクトリを指定します。このインクルード パス一式は、ツール固有のインクルード パスに追加され、プロジェクト全体のインクルード パスになります。標準インクルード ファイルは、#include 文で不等号かっこ(<>)内に指定されます(たとえば、#include <myfile>)。

-I -I -I -I -I -I

[中間出力]

中間出力ファイルを指定のディレクトリに出力するようにリンカに指示します。また、コンパイラ(dccbcctasmbrcc)にコンパイル結果(通常は、.obj ファイルと .rcs ファイル)の出力先を指定します。現在、この指定で制御できるファイルは、リンカ ステート ファイルです。マップ デバッグ ファイルTDS デバッグ ファイルは出力イメージと同じディレクトリに保存されます(ただし、マップ デバッグ ファイルに関しては他で指定されていない場合のみ)。

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

[ライブラリ パス]

コンパイル/リンク文で .LIB モジュールの明示的なパスが指定されていない場合に、リンカが検索するディレクトリを指定します。

[ライブラリ パス]オプションでは、次のリンカのコマンドライン構文を使用します。

/L<パス指定>[;<パス指定>][..]

.LIB ファイルのパスが明示的に指定されていないときに、現在のディレクトリにライブラリ ファイルが見つからない場合、リンカは、ここで指定されたライブラリ検索パスを使用します。

-L
(リンカ)

-L
(リンカ)

-L
(リンカ)

-L
(リンカ)

-L
(リンカ)

-L
(リンカ)

[_TCHAR のマップ先]

_TCHAR の定義を制御します。選択肢は以下の 2 つです。

  • [wchar_t](これは、FireMonkey を使用する C++ アプリケーションの典型的なデフォルトです)
  • [char](これは、C++ コンソール アプリケーションなど FireMonkey を使用しない C++ アプリケーションのデフォルトです)

このオプションを[wchar_t]に設定するには、まず、プロジェクトに _tmain または _tWinMain というエントリ ポイントがある必要があります。(Appmethod を使用して作成した)新規プロジェクトは、デフォルトでこのエントリ ポイントを持っています。ただし、インポートしたプロジェクトの場合は、このエントリ ポイントを手動で追加しなければならないことがあります。

[wchar_t]を選択すると、以下のように動作します。

  • UNICODE と _UNICODE が定義されます。
  • リンカはワイド バージョンのライブラリを使用します。
  • C++ RTL、標準ライブラリ、および Windows API の関数は、ワイド定義に設定されます。「マップ関数」を参照。

[char]を選択した場合は、_TCHAR はワイド定義には設定されません。

-tU

-tU

-tU

-tU

-tU

-tU

関連項目

個人用ツール
他言語版