[C++ コンパイラ|出力]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[C++ コンパイラ]プロジェクト オプション への移動


[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラ|出力]

このダイアログ ボックスを使用して、C++ コンパイラの出力オプションを設定します。

オプション 説明

[ターゲット]、[適用...]、[保存...]

[ターゲット]オプション」を参照。

共通項目

[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」を参照。


[出力]オプション 説明 コンパイラ サポート
bcc32   bcc64   bccosx   bcciosarm   bcciosarm64   bccaarm  

[コンパイラに自動依存情報を出力させない]

自動依存チェックの結果を .obj ファイルに出力しません。IDE は自動依存情報(プロジェクトの #include ファイル リスト)を使用して、オブジェクト ファイルの最新状態を保持します。このオプションを有効にすると、依存チェックでは Include ファイルが変更されたソース ファイルの再構築を行いません。デフォルト値は[false](出力する)です。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[エクスポートされたシンボル名の先頭にアンダースコアを付けない]

エクスポートされたシンボル名の先頭にアンダースコアを付けません。デフォルト値は[false]です。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[依存情報からシステム ヘッダーを除外する]

依存情報の生成中はシステム ヘッダー ファイルを無視します。デフォルト値は[false]です。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[アンダースコアを付けてシンボル名を生成する]

コンパイラは、すべてのグローバル識別子(関数とグローバル変数)の先頭に下線(_)を自動的に付加してから、オブジェクト モジュールに保存します。Pascal 識別子( __pascal キーワードによって修飾されるもの)は大文字に変換され、先頭に下線が付加されません。C および C++ で下線は省略可能ですが、Appmethod C++ ライブラリとリンクしている場合、エラーにならないようこのオプションは True に設定してください。
デフォルト値は[true]です。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[ブラウザ情報を .obj ファイルに挿入する]

生成される .OBJ ファイルにブラウザ情報を含めます。デフォルト値は[false]です。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

関連項目