[C++ コンパイラ|ディレクトリと条件定義]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[C++ コンパイラ]プロジェクト オプション への移動


[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラ|ディレクトリと条件定義]

このダイアログ ボックスを使用して、C++ コンパイラのディレクトリと条件定義オプションを設定します。

オプション 説明

[ターゲット]、[適用...]、[保存...]

[ターゲット]オプション」を参照。

共通項目

[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」を参照。


[ディレクトリと条件定義]オプション 説明 コンパイラ サポート
 bcc32     bcc64     bccosx   bcciosarm   bcciosarm64   bccaarm 

[プロジェクト ディレクトリをインクルード パスに追加]

便宜上提供されているもので、プロジェクト ディレクトリをユニットの .cpp ファイルの #include パスに追加します。

以下に例を示します。

#include "MyProjectDir.h"

デフォルト値は[false]です。

詳細は、「#include」を参照。

YesC++11Feature.png

[条件定義]

マクロのリストを定義します。

マクロとして以下のものを含めることができます。

  • 識別子。MYVAR など。この場合、識別子が定義され、その値に null 文字列が代入されます。
  • 識別子と値を等号(=)で結んだもの。MYSTRING="String content" など。この場合、識別子が定義され、指定した値が代入されます。

このオプションで定義したマクロは、コード内で使用することができます。 「[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」の 参照 ポップアップ ボタンの説明を参照。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[フレームワーク ルート ディレクトリ]

フレームワークのインクルード パスに追加するディレクトリのリストです。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[インクルード ファイルの検索パス]

プログラム インクルード ファイルが入っているドライブやディレクトリを指定します。標準インクルード ファイルは、#include 文で不等号かっこ(<>)内に指定されます(たとえば、#include <myfile>)。詳細は、以下を参照してください。

参照 ポップアップ ボタンについては、「[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」で説明されています。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[オブジェクト ファイルの出力ディレクトリ]

出力ディレクトリを指定したパスに設定します。「[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」の 参照 ポップアップ ボタンの説明を参照。

このオプションでは、次のファイルの出力フォルダを決定します:

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[システム インクルード検索パス]

指定したディレクトリを C システム インクルード検索パスに追加します。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[システム インクルード検索パス (絶対パスは -isysroot で指定されたディレクトリからの相対パス)]

指定したディレクトリを C システム インクルード検索パスに追加します。絶対パスは SDK パスからの相対パスとして読み取られます。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[以前の名前定義をすべて取り消す]

識別子の名前の以前の定義を取り消します。「[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」の 参照 ポップアップ ボタンの説明を参照。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

[Windows ヘッダー ファイル バージョンの定義]

使用する Windows API ヘッダー ファイルの最新バージョンを対象にしている条件定義を指定します。ドロップダウン リストから OS のバージョンを選択します。詳細は、http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa383745.aspx を参照。

指定可能な値は以下です(ただし、必ずしもその限りではありません)。

  • [Windows 7]
  • [Windows Server 2008]
  • [Windows Vista Service Pack 1]
  • [Windows Vista]
  • [Windows Server 2003 Service Pack 1]または[Windows Server 2003 Service Pack 2]
  • [Windows Server 2003]
  • [Windows XP]
  • [Windows XP Service Pack 1]
  • [Windows XP Service Pack 2]
  • [Windows 2000 Service Pack 4]

デフォルト値は[未指定]です。

YesC++11Feature.png
YesC++11Feature.png

関連項目