[色]([エディタ設定]オプション)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ツール|オプション...]ダイアログ ボックス への移動

ツール > オプション... > エディション設定 > 色

このページを使用すると、コードのさまざまな要素を、コード エディタでどのように表示させるのかを指定することができます。このページの下部分のサンプル ウィンドウには、その様子も表示されます。

項目 説明

表示色のスピード設定

定義済みの色の組み合わせを使用して、コードエディタ の表示をすばやく構成できるようにします。 ドロップダウン リストから表示色のスピード設定を選択し、サンプル コード ウィンドウを参照すると、コードエディタ での設定の表示方法を確認できます。

太字

選択した要素に太字書式を適用します。

斜体

選択した要素をイタリック体にします。

下線

選択した要素に下線を付けます。

要素

特定のコード要素や検索された文字列に使用する、構文の強調表示を指定します。 要素 リスト ボックスから選択するか、またはサンプルの コードエディタ 内の要素をクリックできます。 コード要素の強調表示を変更すると、サンプル コード ウィンドウで結果を確認できます。

前景色

前景色にデフォルトのシステム カラーを使ってコード要素を表示します。 このチェック ボックスをオフにすると、以前選択した色に戻ります。 以前に色を選択したことがない場合、コード要素はシステム カラーに設定されます。

背景

背景色にデフォルトのシステム カラーを使ってコード要素を表示します。 このチェック ボックスをオフにすると、以前選択した色に戻ります。 以前に色を選択したことがない場合、コード要素はシステム カラーに設定されます。

前景色

選択したコード要素の前景色を設定します。 要素 リスト ボックスで選択した要素ごとに、前景色は自動的に変更されます。

背景色

選択したコード要素の背景色を設定します。

言語表示ペイン

対象言語のタブをクリックして、言語のコード ソースの表示に影響する選択オプションを確認します。



メモ: 要素 リスト内の 変更された行 項目の前景色と背景色はそれぞれ、最後に保存されてから変更された行と、現在のセッションで変更され保存された行をマークするための色として使用されます。

詳細については、「FireMonkey での色」を参照してください。

関連項目