表示: Object Pascal C++
表示設定

[構造]ビュー

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内, 検索

[表示]メニュー への移動

[表示|構造]

[構造]ビュー

  • フォーム デザイナで作業をしているときに、IDE の左上ペインに表示されます。
    コード エディタでコードを編集しているときに、コード エクスプローラで使用されているのと同じペインです。
  • アクティブなウィンドウ(コード エディタまたはフォーム デザイナ)の要素の階層をツリー図で表示します。
  • フォーム デザイナでコンポーネントを表示している場合
    • [構造]ビューでコンポーネントをクリックすると、フォーム上でそのコンポーネントが選択されます。
  • コード エディタでソース コードや HTML を表示している場合
    • [構造]ビューで項目をダブルクリックすると、コード エディタ内の対応する宣言または場所に移動します。

コードに構文エラーが含まれる場合は、コード エクスプローラ[エラー]ノードに表示されます。エラーをダブルクリックすると、コード エディタで対応するソースの場所を特定できます (C++ 開発には適用されません)。

コンポーネントのネストの管理

フォーム デザイナを使用している場合、[構造]ビューには、現在のフォームまたはデータ モジュールに含まれるコンポーネント間の親子関係がツリー形式で表示されます。[構造]ビューを使ってその親子関係を変更することができます。

コンポーネントの親を変更するには、[構造]ビューでコンポーネントをドラッグし、新しい親コンポーネント上に移動します。[構造]ビューのツリー ビューとフォーム デザイナのフォームまたはデータ モジュールの両方に、ネストの変更が反映されます。

RippleEffect1 の親を Form1 から Image1 に変更する:

RippleEffectOnStructure.png
SetRippleEffectAsChild.png
RippleEffectAsChildOfImage.png

[構造]ビューに表示されるノードと項目

[構造]ビューのツリー構造には、使用しているツール(コード エディタフォーム デザイナ)および現在のドキュメントの言語(Object Pascal、C++、HTML)に応じて、さまざまな種類の情報が表示されます。コードを編集しているときは、[構造]ビューにコード エクスプローラが表示されます。

フォーム デザイナ用に表示されるノードと項目

フォーム デザイナを使用している場合、[構造]ビューには、現在のフォームまたはデータ モジュールに含まれているコンポーネント間の親子関係がツリー形式で表示されます。ツリー ビューの各項目には、コンポーネント名のラベルのほか、コンポーネントの種類を表す次のようなアイコンが表示されます。

  • ViewStructureDesignerForm.png フォーム
  • ViewStructureDesignerDataModule.png データ モジュール
  • ViewStructureDesignerContainer.png コンテナまたはフレーム

コントロールと非ビジュアル コンポーネントについては、それに相当するものが[ツール パレット]にある場合は、それと同じアイコンが[構造]ビューに表示されます。

コンポーネントに相当するものが[ツール パレット]にない場合、[構造]ビューにはデフォルト アイコンが表示されます。たとえば、TListBox の TListBoxItem がそのようなケースに当てはまります。

デフォルト アイコン:

  • ViewStructureDesignerContainer.png(コンテナ コントロール用)
  • ViewStructureDesignerControl.png(非コンテナ コントロール用)
  • ViewStructureDesignerNonvisualComponent.png(非ビジュアル コンポーネントと、プロパティなどのエントリ用)

コード エクスプローラのノードと項目(Object Pascal)

コード エディタで Object Pascal ソース ファイルを編集している場合、[構造]ビューコード エクスプローラになり、以下のような情報がツリー形式で表示されます。

  • Icon interf.png [<インターフェイス名>(<親クラス>)]
    • ViewStructureDelphiFolder.png [Properties]ノード
      • Icon constant.png [<プロパティ名>: <プロパティの型>]
    • ViewStructureDelphiFolder.png [Methods]ノード
      • Icon proc.png [<手続き名>(<パラメータ リスト>)]
      • Icon func.png [<関数名>(<パラメータ リスト>): <戻り値の型>]
  • ViewStructureDelphiFolder.png [Classes]ノード
    • Icon class.png [<クラス>(<親クラス>)]
      • Icon constant.png [<private プロパティ名>: <プロパティの型>]
      • Icon proc.png [<private 手続き名>(<パラメータ リスト>)]
      • Icon func.png [<private 関数名>(<パラメータ リスト>): <戻り値の型>]
      • ViewStructureDelphiFolder.png [Protected]ノード
        • Icon constant.png [<protected プロパティ名>: <プロパティの型>]
        • Icon proc.png [<protected 手続き名>(<パラメータ リスト>)]
        • Icon func.png [<protected 関数名>(<パラメータ リスト>): <戻り値の型>]
      • ViewStructureDelphiFolder.png [Public]ノード
        • Icon constant.png [<public プロパティ名>: <プロパティの型>]
        • Icon proc.png [<public 手続き名>(<パラメータ リスト>)]
        • Icon func.png [<public 関数名>(<パラメータ リスト>): <戻り値の型>]
      • ViewStructureDelphiFolder.png [Published]ノード
        • Icon constant.png [<published プロパティ名>: <プロパティの型>]
        • Icon proc.png [<published 手続き名>(<パラメータ リスト>)]
        • Icon func.png [<published 関数名>(<パラメータ リスト>): <戻り値の型>]
  • ViewStructureDelphiFolder.png [Procedures]ノード
    • Icon proc.png [<手続き名>(<パラメータ リスト>)]
  • ViewStructureDelphiFolder.png [Types]ノード
    • Icon type.png [<型名>]
  • ViewStructureDelphiFolder.png [Variables/Constants]ノード
    • Icon constant.png [<定数名>]
    • Icon constant.png [<変数名>: <変数の型またはクラス>]
  • ViewStructureDelphiFolder.png [Uses]ノード
    • Icon unit.png [<ユニット名>]

コード エクスプローラのノードと項目(C++)

コード エディタで C++ ソース ファイルを編集している場合、[構造]ビューコード エクスプローラになり、以下のような情報がツリー形式で表示されます。

  • ViewStructureCppIncludesFolder.png [Includes]ノード
    • ViewStructureCppInclude.png [<インクルード ファイル名>]
  • ViewStructureCppFolder.png [Macros]ノード
    • ViewStructureCppMacro.png [<マクロ名>]
  • ViewStructureCppClass.png [<クラス名>]
    • ViewStructureCppConstructor.png [<コンストラクタ名>(<パラメータ リスト>)]
    • ViewStructureCppDestructor.png [<デストラクタ名>(<パラメータ リスト>)]
    • ViewStructureCppProperty.png [<プロパティ名>(<パラメータ リスト>)]
    • ViewStructureCppFunction.png [<関数名>(<パラメータ リスト>)]
  • ViewStructureCppConstructor.png [<コンストラクタ名>(<パラメータ リスト>)]
  • ViewStructureCppDestructor.png [<デストラクタ名>(<パラメータ リスト>)]
  • ViewStructureCppProperty.png [<プロパティ名>(<パラメータ リスト>)]
  • ViewStructureCppFunction.png [<関数名>(<パラメータ リスト>)]

コード エクスプローラのノードと項目(HTML)

HTML ドキュメントは階層構造を使って書かれます。コード エクスプローラには、ナビゲーション用にその構造がツリー形式で表示されます。構造に含まれる各ノードには、そのノードが表す HTML 要素の最初のタグがラベルとして表示されます。

次に示すのは、単純な HTML ドキュメントのツリー ビューの例です。

 DOCTYPE
 <html>
  <head>
   <title>
  <body>
   <p>

[構造]ビューとコード エクスプローラのコンテキスト メニュー

コンテキスト メニューで利用できるコマンドは、[構造]ビューコード エクスプローラのどちらが表示されているかによって異なります。 ペインを右クリックすると、以下のコマンドが表示されます。

項目 説明

[新規作成]

[構造]ビューに新しいノードを追加します。

[名前の変更]

[構造]ビューのノードの名前を変更します。

[編集]

[デザイン]上またはコード エディタ上のコントロールの変更を元に戻したり、コントロールを切り取り、貼り付け、削除、およびすべて選択するためのサブメニューが表示されます。

[コントロール]

選択したコントロールを[デザイン]の前面または背面に移動するためのサブメニューが表示されます。

[ビジュアルにバインド...]

[LiveBinding デザイナ]が開きます。

[プロパティ]

コード エクスプローラの内容と外観を変更するための[エクスプローラ オプション]ダイアログ ボックスを表示します。

[常に手前に表示]

他のウィンドウが表示されていても、[構造]ビューをデスクトップの最前面に表示します。

[ドッキング可能]

[構造]ビューをドラッグしてドッキングできるようにします。

ツールバー(C++)

[構造]ビューには C++ アプリケーション開発用のツールバーがあり、[構造]ビューに表示される内容を制御できます。ツールバーは次のボタンで構成されています。

アルファベット順 [アルファベット順にソートする]

[構造]ビューの内容をアルファベット順にソートします。

タイプでグループ化 [タイプでグループ化する]

[構造]ビューで、タイプごとに項目をフォルダにグループ分けします。

GroupByVisibility.bmp [可視性でグループ化する]

publicprotectedprivatepublished の可視性ごとに、クラス メンバをフォルダにグループ分けします。C++ の場合、[Classes]は総称的なグループで、クラス構造体共用体、およびテンプレートが含まれます。

型を表示 [関数および変数の型を表示]

[構造]ビューで、メンバの右にを表示します。

可視性でフィルタリング [可視性でフィルタリングする (private, protected, public, __published)]

[構造]ビューに表示される内容を、可視性のレベルによって 4 段階に切り替えます。宣言されたアクセス指定子(__published、public、protected、private)のいくつかの組み合わせによって、要素を選択して表示することができます。

一連の 4 つのツールチップ(縦の棒が 1 ~ 4 本)は、現在表示されている要素を示します。

ボタンのラベルとツールチップ

表示されている要素

Filter1.bmp [可視性でフィルタリングする (__published)]

__published のみ

Filter2.bmp [可視性でフィルタリングする (public, __published)]

public および __published

Filter3.bmp [可視性でフィルタリングする (protected, public, __published)]

protected、public、__published

Filter4.bmp [可視性でフィルタリングする (private, protected, public, __published)]

4 つの可視性レベルすべて

関連項目

個人用ツール
他言語版