[接続プロファイル マネージャ]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

環境オプション への移動


ツール > オプション... > 環境オプション > 接続プロファイル マネージャ
プロジェクト マネージャ | ターゲット プラットフォームでプラットフォームを右クリック | 接続を編集...

既存の接続プロファイルを表示したり、接続プロファイルの作成や管理ができます。

接続プロファイルは、リモート マシンで動作しているプラットフォーム アシスタント サーバーのインスタンスへの接続を定義するプロパティの集合に名前を付けたものです。

このページでは、接続プロファイルが関連付けられているプラットフォームごとに、1 つのプロファイルがデフォルト プロファイルになります。デフォルト プロファイルは太字のフォントで表示されます。Windows プラットフォームにはデフォルト プロファイルがありません。

接続プロファイルを作成するには、このダイアログ ボックスを使用します。

接続プロファイルをプロジェクトのターゲット プラットフォームに関連付けるには、[プラットフォーム プロパティ]ダイアログ ボックスを使用します。[プラットフォーム プロパティ]は、[プロジェクト マネージャ]でターゲット プラットフォームのノードを右クリックし、[プロパティ...]を選択すると開きます。

接続プロファイルを使用しなければならないケース

アプリケーション開発において次のような場合に、接続プロファイルが必須になります。

  • アプリケーションをリモートで実行したりデバッグするには、接続プロファイルが必要です。これにより、64 ビット Windows(32 ビット Windows 開発 PC を使用している場合)、Mac OS X、または iOS をターゲットとするアプリケーションを、実行およびデバッグすることができます。
    • Android アプリケーションの実行やデバッグには、接続プロファイルは必要ありません。
  • 配置マネージャを使って 64 ビット Windows(32 ビット Windows 開発 PC を使用している場合)、Mac OS X、または iOS をターゲットとするアプリケーションを配置するには、接続プロファイルが必要です。
    • 配置マネージャを使って Android にアプリケーションを配置するには、接続プロファイルは必要ありません。Appmethod では、Android アプリケーションをローカルで配置します。
    • 配置マネージャを使用しない場合は、接続プロファイルがなくてもアプリケーションを配置できます。
メモ:ターゲット プラットフォームに接続するには、ターゲット プラットフォームまたはそのターゲット プラットフォームをサポートする中間プラットフォーム上に、プラットフォーム アシスタント サーバーがインストールされ稼働している必要があります。つまり、iOS デバイス(ターゲット プラットフォーム)に接続するには、Mac(中間プラットフォーム)上でプラットフォーム アシスタント サーバーを稼働させておく必要があります。

接続プロファイル用のファイル名とファイル拡張子

プロファイル名は、System.IOUtils.TPath.HasValidFileNameChars で有効だと判断されるファイル名でなければなりませんが、それ以外はほとんど制限がありません。プロファイル名が重複していると、(追加、コピー、名前の変更、またはインポートを試みたときに)エラーが発生します。

プロファイルのファイル拡張子.profile で、プロファイルをファイルとして保存したときに自動的に追加されます。

接続プロファイルの名前の例:

  • MyFirstOSXApp
  • Gr8daZ!

定義したプロファイルは、.profile ファイルとしてアプリケーション データ フォルダ(DesignIntf.IDesigner170.GetAppDataDirectory によって返される)に保存されます。Windows 7 の場合は次のフォルダになります。

C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Embarcadero\BDS\17.0

[接続プロファイル マネージャ]パネル

項目 説明

[プロファイル]

定義されている接続プロファイルとそれに対応するプラットフォームが一覧表示されます。太字は、プラットフォームのデフォルトのプロファイルを表します。

  • プラットフォームのデフォルト プロファイルに設定するには、そのプロファイルを右クリックし[デフォルトとして設定]を選択します。
  • プロファイルを編集するには、[プロファイル]リストからプロファイルを選択し、[プロファイル プロパティ]に変更を加えて、[OK]をクリックします([OK]をクリックしないと、変更は保存されません)。

プロファイルの 1 つをクリックすると、プロファイルを管理するためのボタン([コピー...]、[名前の変更...]、[削除]、[エクスポート...])が有効になります。

[プロファイル プロパティ]

選択されている接続プロファイルの現在の設定を表示します。

[プラットフォーム]

選択されている接続プロファイル用に指定されたプラットフォームを表示します。指定されたプラットフォームは、ターゲットのプラットフォーム アシスタント サーバーのインスタンスが動作しているプラットフォームになります。このページでプラットフォームを変更すると、それに応じて、このプロファイルのプロファイル リスト内の位置も変化する場合があります。

iOS デバイス - 32 ビットiOS デバイス - 64 ビット、または iOS シミュレータ の各ターゲット プラットフォームに対する接続プロファイルが必要な場合、ここで OS X プラットフォームを選択します。 OS Xは、Mac OS X アプリケーションだけでなく、iOS アプリケーションでも同様にビルド、実行、デバッグ、配置を行える中間プラットフォームです。

[ホスト名]

ホスト名(標準の DNS ルックアップを使用するマシンのネットワーク名)、またはターゲット マシンの IP アドレスです。ターゲット マシンの IP アドレスを調べるには、次のコマンドを適宜使用します。

  • ターゲット マシンの PAServer コンソール:
    • i
  • Mac の[ターミナル]ウィンドウ:
    • ifconfig
    または、Apple メニューから[システム環境設定...|ネットワーク]を選択
  • PC のコマンド ウィンドウ
    • ipconfig

[ポート番号]

ターゲット マシンのプラットフォーム アシスタント サーバーに接続するときに使用するポート番号です。

[パスワード]

このプロファイルが接続する先のプラットフォーム アシスタント サーバーのインスタンス用に設定されたパスワードです。

接続プロファイル パスワード <パスワードがない場合はただ Enter キーを押す>:
パスワードは、paserver を実行するときにコマンドの -password=<パスワード> オプションを指定して設定することもできます。
  • この接続プロファイルが接続する先の paserver にパスワードが設定されていない場合には、パスワードを入力しないでください。
  • 既存の暗号化済みパスワード ファイル(.passfile)を参照するには、参照([...])ボタンをクリックします。.passfile は、ターゲット マシンで paserver(プラットフォーム アシスタント)を実行するときに、g オプションを指定して作成します。

[接続テスト]

指定した[ホスト名][ポート番号]を使用して、ターゲット マシンとの接続の確立を試みます。成功または失敗を示すメッセージが表示されます。接続は、最初にターゲット マシンでプラットフォーム アシスタント サーバーが実行されている場合にのみ、成功します。

[追加...]

[接続プロファイルの作成]ウィザードが起動し、ターゲット マシンに接続して接続プロファイルを作成し、接続プロファイルのプロパティを指定できます。[プロファイル]リストにフォーカスがあるときにキーボードで Insert キーを押して、同じことを実行することもできます。

[コピー...]

新規プロファイルの名前を入力するダイアログを表示し、現在選択されているプロファイルの設定をこの新規プロファイルにコピーします。

[名前の変更...]

新しいプロファイル名を入力するダイアログを表示し、現在選択されているプロファイルをこの新しい名前に変更します。既存のプロファイルを使用しているすべてのプロジェクトが、新しいプロファイル名に更新されます。

[削除]

確認ダイアログを表示し、確認されると、現在選択されているプロファイルを削除します。[プロファイル]リストにフォーカスがあるときにキーボードで Delete キーを押して、パスを削除することもできます。

[エクスポート...]

ファイル名を入力するダイアログを表示し、プロファイルをその場所に保存します(デフォルトのファイル名は "<プロファイル名>.profile")。

[インポート...]

.profile ファイル名を入力するダイアログを表示し、それに含まれるプロファイルを IDE にインポートします。

関連項目