[接続プロファイルの作成]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[接続プロファイル マネージャ] への移動


このウィザードでは、接続プロファイルを作成することができます。接続プロファイルとは、リモート マシンで動作しているプラットフォーム アシスタントのインスタンスへの接続について記述したプロパティの集合に名前を付けたものです。接続プロファイルを作成する必要があるのは次のような状況です。

  • 64 ビット Windows(開発用の PC で 32 ビット Windows が動作している場合)、Mac OS X、および iOS 向けのアプリケーションをビルド、実行、デバッグする場合。
  • 32 ビットおよび 64 ビットの Windows アプリケーションをリモートで実行、デバッグする場合。
  • 配置マネージャを使ってアプリケーションを配置する場合。ただし、Android 向けに配置マネージャを使用するときには接続プロファイルは必要ありません。

ウィザードを開く

このウィザードを開くには、次のいずれかを実行します。

ウィザードを使用する

[プロファイル情報]ページ

項目 説明

[プロファイル名]

作成する接続プロファイルの名前を指定します。プロファイル名は、System.IOUtils.TPath.HasValidFileNameChars によって定義された有効なファイル名にする必要があります。

[プラットフォーム]

ターゲットのプラットフォーム アシスタント サーバーのインスタンスが動作しているプラットフォームを選択します。

iOS デバイス - 32 ビットiOS デバイス - 64 ビット、または iOS シミュレータ の各ターゲット プラットフォームに対する接続プロファイルが必要な場合、ここで OS X プラットフォームを選択します。OS Xは、Mac OS X アプリケーションだけでなく、iOS アプリケーションでも同様にビルド、実行、デバッグ、配置を行える中間プラットフォームです。

[選択したプラットフォームのデフォルトとして設定する]

新しいプロファイルを選択したプラットフォームのデフォルトとします。

  • 32 ビット Windows プラットフォームおよび 64 ビット Windows プラットフォームの場合は、このチェックボックスは表示されません。Windows プラットフォームにデフォルト プロファイルはありません。
  • デフォルトのないプラットフォームを選択した場合は、このチェックボックスはオンになり、オフにすることはできません。
  • 既にデフォルトが設定されているプラットフォームを選択した場合は、このチェックボックスは自動的にオフになります([接続プロファイル マネージャ]ページでプロファイル名をダブルクリックすると、新しいプラットフォームをデフォルトとして設定できます)。

[リモート マシン情報]ページ

項目 説明

[リモート マシン (IP アドレスまたはマシン名)]

ホスト名(標準の DNS ルックアップを使用するマシンのネットワーク名)、またはターゲット マシンの IP アドレスを入力します。ターゲット マシンの IP アドレスを調べるには、次のコマンドのいずれかを入力します。

  • i(ターゲット マシンの PAServer コンソール)
  • ifconfig(Mac の[ターミナル]ウィンドウ)
  • ipconfig(PC のコマンド ウィンドウ)

マルチデバイス アプリケーションの場合、このリモート マシンは、通常、実際のターゲット プラットフォームですが、iOS アプリケーションの場合には(iOS シミュレータや iOS デバイスではなく)Mac になります。

[ポート番号]

ターゲット マシンのプラットフォーム アシスタント サーバーに接続するときに使用するポート番号です。

[パスワード]

このプロファイルが接続する先のプラットフォーム アシスタント サーバーのインスタンス用に設定されたパスワードです。

接続プロファイル パスワード <パスワードがない場合はただ Enter キーを押す>:
パスワードは、paserver を実行するときにコマンドの -password=<パスワード> オプションを指定して設定することもできます。
  • この接続プロファイルが接続する先の paserver にパスワードが設定されていない場合には、パスワードを入力しないでください。
  • 既存の暗号化済みパスワード ファイル(.passfile)を参照するには、参照([...])ボタンをクリックします。.passfile は、ターゲット マシンで paserver(プラットフォーム アシスタント)を実行するときに、g オプションを指定して作成します。

[接続テスト]

指定した[リモート マシン (IP アドレスまたはマシン名)][ポート番号]を使用して、ターゲット マシンとの接続の確立を試みます。成功または失敗を示すメッセージが表示されます。接続は、最初にターゲット マシンでプラットフォーム アシスタント サーバーが実行されている場合にのみ、成功します。

関連項目