[リポジトリに追加](トランスレーション マネージャ)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[トランスレーション エディタ] への移動


選択したユニット内の文字列をトランスレーション リポジトリに追加します。このダイアログは、トランスレーション マネージャの[ワークスペース]タブでノードを右クリックし、[文字列をリポジトリに追加]コマンドを選択すると表示されます。

ユニット全体の文字列ではなく個々の文字列を追加するには、トランスレーション マネージャで文字列を右クリックし、 [リポジトリ|文字列をリポジトリに追加]を選択します。

以下のオプションで、文字列を追加する際の基準を指定することができます。

項目 説明

[状態]

[ワークスペース]タブの[状態]の列に表示された状態に基づいて文字列を追加します。追加したい状態をオンにします。

[重複時の動作]

同じソース文字列に対して重複する翻訳文字列がリポジトリに見つかった場合の動作を設定します。[スキップ]を選択すると、文字列は追加されません。[追加]を選択すると、元の文字列に対して翻訳文字列が存在しない場合に、文字列がリポジトリに追加されます。[強制追加]を選択すると、文字列がリポジトリに存在するかどうかに関係なく、常に文字列がリポジトリに追加されます。[置換]を選択すると、既存の文字列が新しい文字列で上書きされます。[選択肢の表示]を選択すると、選択がユーザーに任されます。

[コンテキスト情報を含める]

ユニットのパスと、[ワークスペース]タブの[ID]の列に表示された値とを、トランスレーション リポジトリに追加します。このコンテキスト情報は、[トランスレーション リポジトリ]で文字列を選択すると、ステータス バーに表示されます。

[翻訳値と元の値]

元の値の変更状況に基づいて、文字列を追加するかどうかを指定します。[変更済み]を選択すると、元の値と翻訳後の値が異なる場合にのみ文字列が追加されます。[未変更]を選択すると、元の値と翻訳後の値が同じであっても文字列が追加されます。[許可]を選択すると、文字列が変更されたかどうかに関係なく、このダイアログ ボックスで設定した他の基準を満たしていれば、文字列が追加されます。

[コメント]

[ワークスペース]タブの[コメント]の列のテキストに基づいて、文字列を追加または除外します。編集ボックスにコメント テキストを入力し、[含める]を選択すると一致するコメントを持つ文字列が追加され、[含めない]を選択すると一致するコメントを持つ文字列が除外されます。

ヒント: トランスレーション リポジトリの一般的なオプションを設定するには、[ツール|オプション...|トランスレーション ツール オプション]の下の[リポジトリ]を選択します。

関連項目