[プロビジョニング]ページに必要な情報をすべて入力する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーション作成のステップ への移動


以下の場合、事前に[プロビジョニング]ページのプロビジョニング プロファイルに必要な情報を入力しておく必要があります。

  • OS X または Android ターゲット プラットフォーム向けアプリケーションを配布する
  • 32 ビット iOS デバイス64 ビット iOS デバイス ターゲット プラットフォーム向けアプリケーションを実行および配布する

必要な手順はビルドの種類(ターゲット プラットフォームプラットフォーム構成との組み合わせ)によって異なります。それについて以下で説明します。

メモ: [プロビジョニング]ページは、[ツール|オプション...]または[プロジェクト|オプション...]のダイアログ ボックスで開くことができます。
  • [ツール|オプション...]では、[プロジェクト|オプション...]で値を指定しない場合、Appmethod が使用する値を定義することができます。
  • [プロジェクト|オプション...]では、現在のプロジェクトの値を指定することができます。

特定のビルドの種類に必要な手順

OS X プラットフォーム

  1. [ツール|オプション...]または[プロジェクト|オプション...]のダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを開きます。
    メモ: [プロジェクト|オプション...]ダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを構成している場合には、[ターゲット]ドロップダウン リストで OS X プラットフォームを選択する必要があります。
  2. [ビルドの種類]ドロップダウン リストで、[OS X - アプリケーション ストア]を選択します。
  3. [サードパーティ Mac デベロッパ証明書]フィールドに、サードパーティ Mac デベロッパ アプリケーション証明書名を入力します。たとえば「3rd Party Mac Developer Application: Embarcadero Technologies...」のように入力します。
  4. [サードパーティ Mac インストーラ証明書]フィールドに、サードパーティ Mac デベロッパ インストーラ証明書名を入力します。たとえば「3rd Party Mac Developer Installer: Embarcadero Technologies...」のように入力します。

iOS デバイス プラットフォーム(開発)

  1. [ツール|オプション...]または[プロジェクト|オプション...]のダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを開きます。
    メモ: [プロジェクト|オプション...]ダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを構成している場合には、[ターゲット]ドロップダウン リストで iOS デバイス プラットフォームを選択する必要があります。
  2. [ビルドの種類]ドロップダウン リストで、[iOS デバイス - 32 ビット - 開発]または[iOS デバイス - 64 ビット - 開発]を選択します。
  3. [プロビジョン プロファイル]フィールドで、[<自動>]または有効なプロビジョン プロファイル名を選択します。
  4. [デベロッパ証明書]フィールドで、[<自動>]または有効なデベロッパ証明書名を選択します。

iOS デバイス プラットフォーム(アドホック)

  1. [プロジェクト|オプション...]または[ツール|オプション...]のダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを開きます。
    メモ: [プロジェクト|オプション...]ダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを構成している場合には、[ターゲット]ドロップダウン リストで iOS デバイス プラットフォームを選択する必要があります。
  2. [ビルドの種類]ドロップダウン リストで、[iOS デバイス - 32 ビット - アドホック]または[iOS デバイス - 64 ビット - アドホック]を選択します。
  3. [プロビジョン プロファイル]フィールドで、[<自動>]または有効なプロビジョン プロファイル名を選択します。
  4. [デベロッパ証明書]フィールドで、[<自動>]または有効な配布用証明書名を選択します。

iOS デバイス プラットフォーム(アプリケーション ストア)

メモ: App Store では、64 ビット iOS デバイスをサポートしているアプリケーション アーカイブ ファイルのみ受理します。32 ビット iOS デバイスもサポートする場合は、32 ビット iOS デバイスと 64 ビット iOS デバイスを両方ともサポートする単一のアプリケーション アーカイブ ファイルを作成する必要があります。「iOS アプリケーションを App Store への提出用に配置する」の「32 ビット iOS デバイスのサポート」セクションを参照してください。
  1. [ツール|オプション...]または[プロジェクト|オプション...]のダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを開きます。
    メモ: [プロジェクト|オプション...]ダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを構成している場合には、[ターゲット]ドロップダウン リストで iOS デバイス プラットフォームを選択する必要があります。
  2. [ビルドの種類]ドロップダウン リストで、[iOS デバイス - 64 ビット - アプリケーション ストア]を選択します。
  3. [プロビジョン プロファイル]フィールドで、[<自動>]または有効なプロビジョン プロファイル名を選択します。
  4. [デベロッパ証明書]フィールドで、[<自動>]または有効な配布用証明書名を選択します。

Android プラットフォーム(アプリケーション ストア)

  1. [プロジェクト|オプション...]または[ツール|オプション...]のダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを開きます。
    メモ: [プロジェクト|オプション...]ダイアログ ボックスで[プロビジョニング]ページを構成している場合には、[ターゲット]ドロップダウン リストで Android プラットフォームを選択する必要があります。
  2. [ビルドの種類]ドロップダウン リストで、[Android - アプリケーション ストア]を選択します。
  3. [キーストア ファイル]フィールドで、参照([...])ボタンをクリックして既存のキーストア ファイルを選択します。キーストア ファイルがない場合、[キーストアの新規作成...]をクリックして[キーストア/エイリアスの新規作成]ウィザードを開き、署名するキーストア ファイルを作成します。
  4. [キーストア パスワード]フィールドに、指定したキーストア ファイルのパスワードを入力します。
  5. [キーストア内のエイリアス]フィールドでは、署名に使用する指定キーストア ファイルのエイリアスを選択します。
  6. [エイリアス パスワード]フィールドに、指定したエイリアスのパスワードを入力します。

関連トピック

関連項目