[プロビジョニング]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

コンパイラ関連のプロジェクト オプション への移動

[環境オプション] への移動

目次

[ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニング]
[プロジェクト|オプション...|プロビジョニング]

このダイアログ ボックスを使用して、Mac OS X アプリケーション、iOS デバイス アプリケーション、Android アプリケーション用の署名データを指定することができます。

次のような場合にアプリケーションに署名する必要があります。

  • Mac OS X アプリケーションを Mac App Store に提出する場合には、アプリケーションのサンドボックス用の有効な署名データが Apple によって要求されます。提出する予定がなければ署名データは必要ありません。
  • 選択したプラットフォーム構成にかかわらず、iOS に対して有効な署名データは必要です。
  • USB デバッグを無効にした Android デバイスにインストールする、またはアプリケーション ストアにアップロードする署名済み Android アプリケーションを作成するには、キーストア ファイルが必要です。

Mac OS X アプリケーションまたは iOS アプリケーション用の署名データを指定する前に、デベロッパ証明書と配布用証明書を Apple から入手する必要があります。

マルチデバイス アプリケーションの要件

プロビジョン プロファイル

iOS デバイスをターゲットとする iOS アプリケーション(プラットフォーム構成は[開発][アドホック]、または[アプリケーション ストア])の場合には、iOSTeam プロビジョニング プロファイルが必要です。

具体的なプロビジョニング プロファイルを選択するには:

  1. [ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニング]を開きます。
  2. [プロビジョン プロファイル]ドロップダウン メニューからいずれかのオプションを選択します。

メモ: [プロビジョン プロファイル]は、OS X にインストールされた iOS プロビジョニング プロファイル ファイルに対応します。

指定されたプロビジョニング情報が正しければ、[選択したエンティティ]パネルにプロビジョニング プロファイルと証明書の情報が表示されます。

指定された情報が正しくなければ、詳細情報とともに警告メッセージが表示されます。

[<自動>]オプション

[<自動>]オプションを使用すると、IDE にプロビジョニング プロファイルを自動選択させることができます。

プロビジョニング プロファイルは、[プロジェクト|オプション...|バージョン情報]で定義した CFBundleIdentifier の値に基づいて選択されます。CFBundleIdentifier のデフォルト値は <$(ModuleName)> で、これはプロジェクト名に相当します。

適したプロビジョニング プロファイルが複数ある場合には、最初に一致したものが選択されます。

CFBundleIdentifier によってアプリケーションの App ID を定義します。App ID とは、チーム ID とバンドル ID 検索文字列を組み合わせたものです。CFBundleIdentifier は、[プロジェクト|オプション...|バージョン情報]で編集できます。CFBundleIdentifier と一致する App ID を持つプロビジョン プロファイルが存在しなければ、警告メッセージが表示されます。詳細は、「バンドル識別子 "<CFBundleIdentifier>" と選択されたプロビジョニング プロファイル内の AppID "<チーム ID>.<バンドル ID>" が一致しません」を参照してください。

デベロッパ証明書

デベロッパ証明書または配布用証明書の名前を選択するには、まず有効なプロビジョニング プロファイルを選択しなければなりません。

[プロビジョン プロファイル]を[<自動>]に設定すると、[デベロッパ証明書]は淡色表示されます。

有効なデベロッパ証明書を探すには、Mac 上で[キーチェーン アクセス]を開き、[自分の証明書]をダブルクリックします。

Mac OS X の場合、証明書のフィールドに証明書の完全名を指定します。

  • [サードパーティ Mac デベロッパ証明書]。Mac App Store に提出する前に、Mac アプリケーション配布用証明書を使用して、Mac アプリケーションに署名します。例: 3rd Party Mac Developer Application: <チーム名>
  • [サードパーティ Mac インストーラ証明書]。Mac インストーラ配布用証明書を使用して、Mac インストーラ パッケージに署名し、Mac App Store に提出します。インストーラ パッケージには署名済みのアプリケーションが含められます。例: 3rd Party Mac Developer Installer: <チーム名>


メモ: OS X では、同じ開発チームで同じ名前の証明書を 2 つ持つ可能性があります。この場合、Appmethod でどちらの証明書を使用するかの定義をあいまいにはできないため、[キーチェーン アクセス]に表示される完全な文字列を使用する必要があります。詳細は、「指定された証明書名があいまい」を参照してください。

[選択したエンティティ]

[プロビジョニング]ページの[選択したエンティティ]パネルには、手動または自動で選択されたプロビジョニング プロファイルについての情報が表示されます。

[ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニング]を開くと、プロビジョニング プロファイルの App ID を確認できます。これは、1 つのアプリケーションにだけ一致する明示的な App ID の場合もあれば、一連のアプリケーションに一致するワイルドカード App ID の場合もあります。ワイルドカード App ID では、バンドル ID 検索文字列の最後の部分がアスタリスクになっています。

アプリケーションのバンドル ID を指定するには、[プロジェクト|オプション...|バージョン情報]を開き、CFBundleIdentifier を編集します。[プロジェクト|オプション...|プロビジョニング]を開くと App ID を確認できます。

  • [プロビジョン プロファイル]
    • [名前]: iOSTeam プロビジョニング プロファイルの名前です。
    • [ファイル パス]: Mac のプロビジョニング プロファイル ファイルの完全パス。パスは /Users/<ユーザー>/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles/<ファイル名>.mobileprovision のようになるはずです。
    • [アプリケーション識別子]: App ID は、1 つの開発チームによる 1 つまたは複数のアプリケーションを特定するために使われる、2 つの部分から構成される文字列です。この文字列は、チーム ID とバンドル ID 検索文字列をピリオド(.)でつなげたものです。チーム ID は、Apple から提供される、開発チームに固有の ID です。バンドル ID 検索文字列は、自分で指定するもので、1 つのアプリケーションのバンドル ID か、一連のアプリケーションの一連のバンドル ID に一致します。
    • [デベロッパ プログラム名]: デベロッパ アカウントの名前です。
  • [デベロッパ証明書]
    • [iPhone Distribution]: iPhone デベロッパです。

デバイスにインストールされたプロビジョニング プロファイルを調べる

Xcode 5 以降では、特定のデバイスにインストールされたプロビジョニング プロファイル ファイルを、以下の手順で調べることができます。

  1. Mac 上で Xcode を開きます。
  2. [Window|Devices]を選択します。
  3. 左側のサイドバーで、ターゲット デバイスを選択します。
  4. ターゲット デバイスを右クリックし、[Show Provisioning Profiles...]を選択します。
    • [Devices]ウィンドウに、デバイスにインストールされたプロビジョニング プロファイルが表示されます。

資格

サンドボックス化した Mac OS X アプリケーションでは、具体的な資格(アクセス権)を設定する必要があります。

[プロジェクト|オプション...|資格リスト]を選択して[資格リスト]ページを開きます。

[ツール|オプション...]

このオプションはすべての Appmethod プロジェクトで使用できます([ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニング]を選択)。

[プロビジョニング]オプション」を参照してください。

[プロジェクト|オプション...]

このオプションは、[プロジェクト|オプション...|プロビジョニング]を選択すると、現在のプロジェクトに対して指定できます。

オプション 説明

[ターゲット]、[適用...]、[保存...]

[ターゲット]オプション」を参照。

[プロビジョニング]

[プロビジョニング]オプション」を参照。

[ツール|オプション...]ページでプロビジョニング オプションを設定していたとしても、[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの[プロビジョニング]オプションは、プロジェクトに対して使用されます。

メモ: [<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページで[プロビジョニング]オプションのいずれかが[<環境オプションを使用 (自動)>]の場合、Appmethod は[ツール|オプション...|環境オプション|プロビジョニング]ページの対応するオプションを使用します。

[プロビジョニング]オプション

項目 説明

[ビルドの種類]

ビルドの種類とは、ターゲット プラットフォームプラットフォーム構成との組み合わせです。このコンボ ボックスでビルドの種類を選択して、そのビルドの種類の署名データを定義することができます。[プロビジョニング]ページの残りのフィールドは、選択したビルドの種類に応じて変化します。

Mac OS X アプリケーションの場合、ビルドの種類は[OS X - アプリケーション ストア]にします。

iOS アプリケーションの場合には、以下のビルドの種類のいずれかを選択します。

Android アプリケーションの場合、ビルドの種類は[Android - アプリケーション ストア]にします。

メモ: 以下の[iOS デバイス]セクションでは、タイトルに nn ビットの文字列が含まれています。nn ビットは、32 ビットまたは 64 ビット iOS デバイス アーキテクチャに対応します。

iOS デバイスの場合、以下のオプションを選択することができます。

項目 説明

[プロビジョン プロファイル]

ターゲット デバイスにインストールしたプロビジョニング プロファイルの名前です。 ドロップダウン メニューで、次のいずれかを選択することができます。

  • [<自動>]: Appmethod が適切なプロビジョニング プロファイルを選択します。
  • ターゲット デバイスにインストールされる特定のプロビジョニング プロファイル。

[デベロッパ証明書]

Mac にインストールしたデベロッパ証明書の名前です。ドロップダウン メニューで、次のいずれかを選択することができます。

  • [<自動>]: Appmethod が適切なデベロッパ証明書名を選択します。
  • 特定のデベロッパ証明書名。このオプションは、[プロビジョニング プロファイル]が[<自動>]でない場合にのみ表示されます。
メモ: [メッセージ]ビューには、Appmethod が iOS アプリケーションのコード署名に使用するプロビジョン プロファイルとデベロッパ証明書が表示されます。

プロビジョン プロファイルとデベロッパ証明書が一致する場合、CFBundleIdentifier とターゲット デバイスには次の情報が表示されます。

指定された情報が正しければ、プロビジョン プロファイルとデベロッパ証明書の情報は、[選択したエンティティ]パネルに表示されます。

[OS X - アプリケーション ストア]

項目 説明

[サードパーティ Mac デベロッパ証明書]

サードパーティ Mac デベロッパ アプリケーション証明書の名前を入力します。この証明書は、IDE でアプリケーションにコード署名をしたり、Mac App Store に受け付けてもらうために必要なものです。詳細は、「デベロッパ証明書」を参照。

[サードパーティ Mac インストーラ証明書]

サードパーティ Mac デベロッパ インストーラ証明書の名前を入力します。この証明書は、自分がサードパーティ インストーラであることを示すもので、IDE で Mac OS X アプリケーションをビルドしたり、Mac App Store に受け付けてもらうために必要です。詳細は、「デベロッパ証明書」を参照。

メモ: Mac AppLoader では、プロジェクトにインストーラが含まれているかどうかにかかわらず、インストーラ証明書が必要です。

[iOS デバイス - nn ビット - 開発]

項目 説明

[プロビジョン プロファイル]

ターゲット デバイスにインストールされたプロビジョニング プロファイルを選択するか、[<自動>]のままにします。

[デベロッパ証明書]

有効な iOS デベロッパ証明書を選択するか、[<自動>]のままにします。詳細は、「デベロッパ証明書」を参照。

[iOS デバイス - nn ビット - アドホック]

項目 説明

[プロビジョン プロファイル]

ターゲット デバイスにインストールされたプロビジョニング プロファイルを選択するか、[<自動>]のままにします。

[デベロッパ証明書]

有効な iOS 配布用証明書を選択するか、[<自動>]のままにします。詳細は、「デベロッパ証明書」を参照。

[iOS デバイス - 64 ビット - アプリケーション ストア]

メモ: App Store では、64 ビット iOS デバイスをサポートしているアプリケーション アーカイブ ファイルのみ受理します。32 ビット iOS デバイスもサポートする場合は、32 ビット iOS デバイスと 64 ビット iOS デバイスを両方ともサポートする単一のアプリケーション アーカイブ ファイルを作成する必要があります。「iOS アプリケーションを App Store への提出用に配置する」の「32 ビット iOS デバイスのサポート」セクションを参照してください。
項目 説明

[プロビジョン プロファイル]

ターゲット デバイスにインストールされたプロビジョニング プロファイルを選択するか、[<自動>]のままにします。

[デベロッパ証明書]

有効な iOS 配布用証明書を選択するか、[<自動>]のままにします。詳細は、「デベロッパ証明書」を参照。

[Android - アプリケーション ストア]

項目 説明

[ファイル]

ユーザーの署名証明書を含むキーストア ファイルのパス。

[パスワード]

キーストア ファイルのパスワード。

[キーストアの新規作成...]

[キーストア/エイリアスの新規作成]ウィザードを開き、キーストア ファイルを新規作成します。

[パスワードの変更...]

ダイアログを開き、ユーザーのキーストア ファイルのパスワードを入力します。

[証明書の取得]

キーストア ファイルから証明書のリストを取得し、そのリストが[キーストア内のエイリアス]コンボ ボックスに表示されます。

[キーストア内のエイリアス]

キーストア ファイルの署名用証明書のエイリアス。

[エイリアス パスワード]

選択した証明書のパスワード。

[作成日]

選択した証明書の作成日。

[有効化日]

選択した証明書が有効になった日、および証明書の有効期限が切れる日。

[エイリアスの追加...]

[キーストア/エイリアスの新規作成]ウィザードを開き、キーストア ファイルを新規作成します。

[パスワードの変更...]

ダイアログを開き、選択した証明書のパスワードを変更します。

[エイリアスの削除]

選択した証明書をキーストア ファイルから削除します。

[エイリアス情報]

ダイアログを開き、選択した証明書に関する詳細情報を表示します。

[すべてリセット]

キーストア関連([ファイル]、[パスワード])および証明書関連([キーストア内のエイリアス]、[エイリアス パスワード])の各フィールドを空にします。

XCode でのプロビジョニング プロファイル ファイルの復元

Appmethod は、プロビジョニング プロファイル ファイルを ~/Library/MobileDevice/Provisioning Profile/ ディレクトリ(XCode におけるデフォルトの保存場所)で探します。

必要なプロビジョニング プロファイルが[プロビジョニング]ページのリストに表示されない場合は、以下の手順を実施してください。

  1. XCode を起動します。
  2. [XCode|Preferences...]を選択します。
  3. [Accounts]タブを開き、どのApple ID からプロビジョニング プロファイルを復元するかを選択します。
  4. [View Details...]をクリックします。
  5. 見つからないプロビジョニング プロファイル ファイルを復元するには、左下の更新ボタン アイコンをクリックします。
  6. [Done]をクリックします。

警告メッセージ

接続プロファイルが見つかりません

このメッセージは、OS X 接続プロファイルを作成する必要があることを示しています。

[ツール|オプション...|環境オプション接続プロファイル マネージャを開くと、新しいプロファイルを追加することができます。詳細は、「開発用 PC で接続プロファイルを作成およびテストする」を参照してください。

'<IP アドレス>' (ポート <ポート番号>) への接続に失敗しました

このメッセージは、[接続プロファイル マネージャ]で選択したプロファイルの <IP アドレス> と <ポート番号> を使って PAServer への接続を確立できなかったことを示しています。

問題を解決する手順は以下のとおりです。

  1. <IP アドレス> の OS X で PAServer が動作していることを確認します。
  2. PAServer が動作していれば、PAServer が動作している <ポート番号> が、[接続プロファイル マネージャ]を使ってプロファイルに定義した <ポート番号> と一致しているかを確認します。
メモ: PAServer への接続が正しく行われるかを確認するには、[接続プロファイル マネージャ][接続テスト]をクリックしてください。

選択されたビルド構成のプロビジョニング プロファイルが見つかりません

このメッセージは、選択したビルド構成に使用できるプロビジョニング プロファイルが存在しないことを示しています。

この問題を解決するには、選択したビルド構成用のプロビジョニング プロファイルをダウンロードする必要があります。

Apple デベロッパ プログラムやプロビジョニング プロファイルの入手方法の詳細は、「Apple デベロッパ プログラムへの参加」および「iOS モバイル アプリケーション開発」を参照してください。

選択されたビルド構成およびデバイス "<デバイス名>" のプロビジョニング プロファイルが見つかりません

このメッセージは、選択したビルド構成に使用できるプロビジョニング プロファイルが存在しないことを示しています。

この問題を解決するには、選択したビルド構成用のプロビジョニング プロファイルをダウンロードする必要があります。

Apple デベロッパ プログラムやプロビジョニング プロファイルの入手方法の詳細は、「Apple デベロッパ プログラムへの参加」および「iOS モバイル アプリケーション開発」を参照してください。

選択されたプロビジョニング プロファイル内に証明書が見つかりません

このプロビジョニング プロファイルに使用できる証明書がありません。証明書が存在しないか、無効であるか、期限が切れている可能性があります。

問題を解決する手順は以下のとおりです。

  • 選択したプロビジョニング プロファイル用の証明書をダウンロードします。
  • 証明書をダウンロードしても問題が解決しない場合は、OS X[キーチェーン アクセス]を開き、重複している証明書のうち無効であるか期限が切れているものをすべて削除します。

詳細は、「iOS モバイル アプリケーション開発」を参照してください。

選択されたビルド構成に適合する証明書が見つかりません

選択したビルド構成のどのプロビジョニング プロファイルにも、使用できる証明書がありません。証明書が存在しないか、無効であるか、期限が切れている可能性があります。

問題を解決する手順は以下のとおりです。

  • 選択したプロビジョニング プロファイル用の証明書をダウンロードします。
  • 証明書をダウンロードしても問題が解決しない場合は、OS X[キーチェーン アクセス]を開き、重複している証明書のうち無効であるか期限が切れているものをすべて削除します。

詳細は、「iOS モバイル アプリケーション開発」および「Mac OS X アプリケーションのプロビジョニング」を参照してください。

バンドル識別子 "<CFBundleIdentifier>" と選択されたプロビジョニング プロファイル内の AppID "<チーム ID>.<バンドル ID>" が一致しません

このメッセージは、[プロジェクト|オプション...|バージョン情報]で指定されたバンドル識別子の値(CFBundleIdentifier)とプロビジョニング プロファイルのバンドル ID 検索文字列とが一致しない場合に表示されます。

App ID は、チーム ID とバンドル ID 検索文字列から構成されます(例:66YRC9P3G2.com.domain.*)。

  • チーム ID: Apple によって生成された識別子。開発チームに固有です。例: 66YRC9P3G2
  • バンドル ID 検索文字列: 自分で指定する文字列値。1 つのアプリケーションのバンドル ID か、一連のアプリケーションの一連のバンドル ID に一致します。例:com.domain.*(一連のアプリケーションに一致)、com.domain.<名前>(1 つのアプリケーションに一致)

[メッセージ]ビューの警告メッセージ

アプリケーションをコンパイルすると、[メッセージ]ウィンドウにはプロビジョニング プロファイルに関して異なる警告メッセージが表示されます。

[エラー] リモート プロファイルへの接続を確立できません

接続プロファイルが見つかりません」を参照してください。

'<IP アドレス>' (ポート <ポート番号>) への接続に失敗しました」を参照してください。

[エラー] 選択されたビルド構成のプロビジョニング プロファイルが見つかりません

選択されたビルド構成のプロビジョニング プロファイルが見つかりません」を参照してください。

選択されたビルド構成およびデバイス "<デバイス名>" のプロビジョニング プロファイルが見つかりません」を参照してください。

[エラー] プロビジョニング プロファイル "<プロビジョニング プロファイル名>" 内に証明書が見つかりません

選択されたビルド構成に適合する証明書が見つかりません」を参照してください。

[エラー] 証明書 "<証明書名>" がプロビジョニング プロファイル "<プロビジョニング プロファイル名>" 内に見つかりません

選択されたプロビジョニング プロファイル内に証明書が見つかりません」を参照してください。

[エラー] バンドル識別子 "<バンドル ID 名>" と AppID "<AppID 名>" (プロビジョニング プロファイル "<プロビジョニング プロファイル名>" 内) が一致しません

バンドル識別子 "<CFBundleIdentifier>" と選択されたプロビジョニング プロファイル内の AppID "<チーム ID>.<バンドル ID>" が一致しません」を参照してください。

[エラー] バンドル識別子 "<バンドル ID 名>" がどのプロビジョニング プロファイル内の AppID とも一致しません

バンドル識別子 "<CFBundleIdentifier>" と選択されたプロビジョニング プロファイル内の AppID "<チーム ID>.<バンドル ID>" が一致しません」を参照してください。

[エラー] <証明書名>: ID が見つかりません

選択されたビルド構成に適合する証明書が見つかりません」を参照してください。

プロビジョニング プロファイル "<プロビジョニング プロファイル名>"、証明書 "<証明書名>" を使用しています

指定された情報は正確です。

関連項目