[フォーマッタ]オプション

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ツール|オプション...]ダイアログ ボックス への移動


[ツール|オプション...|フォーマッタ]

[フォーマッタ]グループのオプション ページでは、ソース コード フォーマッタの動作をカスタマイズするためのフォーマッタ オプションを定義することができます。オプションを選択すると、そのオプションのヘルプがページ下部のペインに表示されます。

Object Pascal および C++ の整形オプション

さまざまな整形オプション群は、C/C++ および Object Pascal ソース コード ファイルを整形するために使用されます。

  • [C++]の各ページでは、次の拡張子の C/C++ ソース コード ファイルに対して C++ プロジェクトで使用されるオプションを設定できます (*.cpp*.cxx*.cc*.c*.hpp*.hxx*.hh*.h)。
[C++]には[インデント][スペース][改行][整列]の各ページがあります。
  • [Object Pascal]の各ページでは、次の拡張子の Object Pascal ソース コード ファイルに対して Object Pascal プロジェクトで使用されるオプションを設定できます (*.pas*.dpr*.dpk*.dpkw*.inc)。
[Object Pascal]には、[インデント][スペース][改行][大文字表記][整列]のページがあります。

[プロファイルと状態]ページ

[プロファイルと状態]ページで行えるのは、フォーマッタ オプション セットの管理、ソース コード フォーマッタの有効化、および整形コマンドの実行前における[確認]メッセージ表示の有効化です。

フォーマッタ オプション セットの管理

ソース コード フォーマッタには、整形オプションのセットが事前にいくつか定義されています。[プロファイルの選択]でアクティブなセットを選択できます。選択したフォーマッタ プロファイル(構成ファイル)に格納されている整形オプションのセットが、現在のフォーマッタで使用されるオプション セットになります。

アクティブなオプション セットをカスタマイズし、[名前を付けて保存...]でフォーマッタ構成ファイルに保存することができます。 その後、[読み込み...]でオプション セット(構成ファイルに格納されたもの)を読み込むことができます。

フォーマッタの動作の管理

[フォーマッタの状態]グループの各オプションでは、次のようにフォーマッタの動作を定義することができます。

  • [フォーマッタを有効にする] -- このオプションをオンにするとフォーマッタが有効になります。オフの場合は、ソース コード ファイルの整形に関するメニュー コマンドがすべて非表示になり、利用できなくなります。
  • [確認ダイアログを表示する] -- オンにすると、整形コマンドを実行しようとするたびに、[確認]ダイアログ メッセージが表示されます。

フォーマッタで使用される[エディタ設定]オプション

ソース コード フォーマッタでは、[オプション]ダイアログ ボックスの[ソース オプション]ページ([エディタ設定|ソース オプション])で定義された、[タブ文字の使用][インデント幅][タブ位置]のオプションを使用します。

  • Object Pascal 用にこれらのオプションを設定するには、[ソース ファイルの種類][Pascal]を選択します。
  • C++ 用にこれらのオプションを設定するには、[ソース ファイルの種類][C/C++]を選択します。


関連項目