[ツールバー]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[表示]メニュー への移動


[表示|ツールバー]

IDE に表示されるツールバーを選択できます。

(IDE 左上のメイン メニューのすぐ下にある)ツールバーの空いている領域を右クリックすると、コンテキスト メニューで以下のツールバーを選択することができます。

ツールバー 内容

[標準]

ファイルを開いたり保存するなどの一般的な作業に使用する以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 ショートカット
NewItemsIcon.png [新規作成]
OpenIcon.png [開く](最近開いたプロジェクトおよびファイルのドロップダウン リストが付属)
SaveButton.png [保存] Ctrl+S
SaveAllEnabled.png [すべて保存] Shift+Ctrl+S
OpenProjectIcon.png [プロジェクトを開く] Ctrl+F11
AddOptSet.png [プロジェクトに追加] Shift+F11
RemoveFromProjectIcon.png [プロジェクトから削除]

[デバッグ]

ステップ実行やトレース実行などのデバッグ作業に使用する以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 ショートカット
RunWithoutDebugging2.png [デバッガを使わずに実行](使用可能な実行可能ファイルのドロップダウン リストが付属) Shift+Ctrl+F9
RunButton.png [実行](使用可能な実行可能ファイルのドロップダウン リストが付属) F9
PauseButton.png [一時停止]
ResetButton.png [プログラム終了] Ctrl+F2
TraceInto.png [トレース実行] F7
StepOver.png [ステップ実行] F8
RunUntilReturn.png [呼び出し元に戻るまで実行]

[デスクトップ]

デスクトップ レイアウトを管理するためのボタンが追加されます。「[デスクトップ]ツールバー」を参照。

[カスタム]

他のツールバーに適していない動作を含めるためのツールバーです。デフォルトでは以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 説明
HelpContents.png [ヘルプ目次] Appmethod ヘルプが開きます。

[パーソナリティ]

現在のパーソナリティ(DelphiPersonalityIcon.png Object Pascal または CBuilderPersonalityIcon.png Appmethod C++)のアイコンの付いたボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、[Embarcadero Appmethod のバージョン情報]ダイアログ ボックスが開きます。

[配置]

フォーム デザイナ上のコンポーネントの配置や表示を制御する以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 説明
BringToFrontIcon.png [前面に移動]
SendToBackIcon.png [背面に移動]
CenterVerticallyIcon.png [垂直中央揃え] 選択したコントロールを、パネルやフォームといった親コントロールの垂直方向の中央に揃えて配置します。
CenterHorizontallyIcon.png [水平中央揃え] 選択したコントロールを、パネルやフォームといった親コントロールの水平方向の中央に揃えて配置します。

[間隔]

フォーム デザイナ上のコンポーネントの間隔を制御する以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 説明
SpaceEquallyHorizontallyIcon.png [水平等間隔配置] 選択したコントロールの左端どうしがそれぞれ同じ距離になるよう、コントロール群を配置します。左端が最も左にあるコントロールと最も右にあるコントロールが基準となり、選択した残りのコントロールの左端の位置が必要に応じて変更されます。
IncrementHorizontallyIcon.png [水平スペースをインクリメント] 選択したコントロール群の左端間の距離を 1 ピクセルずつ増やします。最初に選択したコントロールの左端は移動せず、残りのコントロールの左端の位置が必要に応じて変更されます。
DecrementHorizontallyIcon.png [水平スペースのデクリメント] 選択したコントロール群の左端間の距離を 1 ピクセルずつ減らします。最初に選択したコントロールの左端は移動せず、残りのコントロールの左端の位置が必要に応じて変更されます。
RemoveHorizontalSpaceIcon.png [水平スペースを削除] コントロールの左端がその左側にあるコントロールの右端と同じ位置になり、コントロールどうしが水平方向に接触するよう、選択したコントロール群を配置します。最初に選択したコントロールの左端は移動せず、残りのコントロールの左端の位置が必要に応じて変更されます。
SpaceEquallyVerticallyIcon.png [垂直等間隔配置] 選択したコントロールの上端どうしがそれぞれ同じ距離になるよう、コントロール群を配置します。上端が最も下にあるコントロールと最も上にあるコントロールが基準となり、選択した残りのコントロールの上端の位置が必要に応じて変更されます。
IncrementVerticallyIcon.png [垂直スペースをインクリメント] 選択したコントロール群の上端間の距離を 1 ピクセルずつ増やします。最初に選択したコントロールの上端は移動せず、残りのコントロールの上端の位置が必要に応じて変更されます。
DecrementVerticallyIcon.png [垂直スペースのデクリメント] 選択したコントロール群の上端間の距離を 1 ピクセルずつ減らします。最初に選択したコントロールの上端は移動せず、残りのコントロールの上端の位置が必要に応じて変更されます。
RemoveHorizontalSpaceIcon.png [垂直スペースを削除] コントロールの上端がその上側にあるコントロールの下端と同じ位置になり、コントロールどうしが垂直方向に接触するよう、選択したコントロール群を配置します。最初に選択したコントロールの上端は移動せず、残りのコントロールの上端の位置が必要に応じて変更されます。

[プラットフォーム デバイスの選択]ツールバー

ターゲット プラットフォームとデバイスを選択します。「[プラットフォーム デバイスの選択]ツールバー」を参照。

[位置揃え]

フォーム デザイナ上の要素を画面上で位置揃えするための以下のボタンが追加されます。

メモ: コントロールどうしの相対的な位置揃えやサイズ変更を行う動作では、最初に選択したコンポーネントを基準として、残りのコントロールが変更されます。
アイコン 動作 説明
AlignLeftEdgesIcon.png [左寄せ] 選択したコントロールすべての左側の位置が同じになるよう位置を変更します。
AlignRightEdgesIcon.png [右寄せ] 選択したコントロールすべての右端が揃うよう、左側の位置を変更します(幅の値が同じです)。
AlignVerticalCentersIcon.png [垂直に中央に置く] 選択したコントロールすべての垂直方向の中心が揃うよう、上端を変更します(上端の位置 + 高さ / 2 の値が同じです)。
AlignTopEdgesIcon.png [上のエッジに揃える] 選択したコントロールすべての上端が同じになるように上端を変更します。
AlignBottomEdgesIcon.png [下のエッジに揃える] 選択したコントロールすべての下端が揃うよう、上端を変更します(上端の位置 + 高さの値が同じです)。
AlignHorizontalCentersIcon.png [水平に中央に置く] 選択したコントロールすべての水平方向の中心が揃うよう、左側の位置を変更します(幅の値 / 2 が同じです)。
AlignToGridIcon.png [グリッドに合わせる]
SnapToGridIcon.png [グリッド上を動かす] これをオンにすると、フォーム デザイナ上のコントロールを移動したりサイズ変更したときに必ず、コントロールが設計グリッドに揃えられます。
MakeSameHeightIcon.png [高さを揃える] 選択したコントロールすべての高さを同じにします。
MakeSameWidthIcon.png [幅を揃える] 選択したコントロールすべての幅を同じにします。
MakeSameSizeIcon.png [同じサイズに揃える] 選択したコントロールすべての高さと幅を同じにします。
SizeToGridIcon.png [グリッドのサイズに揃える] 選択したコントロールのすべての端が設計グリッドの最も近い線に揃うよう、コントロールの位置とサイズを変更します。

[ブラウザ]

コード エディタでブラウザ式にコード内を移動するための以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 説明
BackArrow.png [戻る](使用可能なコード位置のドロップダウン リストが付属) コード ナビゲーション履歴の 1 つ前の位置に移動します。
ForwardArrow.png [進む](使用可能なコード位置のドロップダウン リストが付属) コード ナビゲーション履歴の 1 つ先の位置に移動します。

Embarcadero コミュニティ ツールバー

Embarcadero コミュニティ ツールバー を有効にします。

このツールバーを使用すると、IDE から Embarcadero Social Community にアクセスすることができます。詳細については、「Embarcadero コミュニティ ツールバー」を参照してください。

[HTML デザイン]

HTML ドキュメント要素用の以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 説明
FontForegroundColorIcon.png [フォントの前景色] フォント色を選択するための[色のセレクタ]が開きます。
FontBackgroundColorIcon.png [フォントの背景色] テキストの背景色を選択するための[色のセレクタ]が開きます。
SubscriptIcon.png [下付き文字] 選択したテキストを下付きにします。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストが下付きになります。
SuperscriptIcon.png [上付き文字] 選択したテキストを上付きにします。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストが上付きになります。
ShowTagGlyphsIcon.png [タグ グラフィックスを表示] HTML の開始タグおよび終了タグを表すアイコンが HTML デザイナに表示されます。たとえば、HTML コードに <p> や </p> のタグが含まれている場合に、デザイナにアイコンが表示されます。
ShowBordersIcon.png [枠線の表示] これをオンにすると、選択した要素の枠線が表示されます。
ShowGridIcon.png [グリッドの表示] HTML 設計グリッドが表示または非表示になります。
AbsolutePositionIcon.png [絶対位置] 選択した要素の位置を、HTML ページの座標の原点(左上隅)からの相対位置にします。
CreateLinkIcon.png [リンクの作成] 選択した要素を URL へのリンクにします。リンク先 URL を指定するためのダイアログ ボックスが開きます。
InsertInputIcon.png [INPUT タグの挿入] チェック ボックス、ボタン、テキスト フィールドなどの入力要素を挿入するためのダイアログ ボックスが開きます。
InsertImageIcon.png [IMAGE タグの挿入] 画像要素を挿入するためのダイアログ ボックスが開きます。
LockElementIcon.png [要素のロック] デザイナ上で誤って移動したりサイズ変更できないよう、選択した要素をロックします。

[HTML 書式設定]

HTML テキストを書式設定する標準の編集ボタンが追加されます。

アイコン 動作 ショートカット 説明
テキストのスタイル 選択したテキストのスタイルを選択または入力するためのコンボ ボックスです。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストのスタイルが定義されます。
フォント ファミリ 選択したテキストのフォント ファミリを選択または入力するためのコンボ ボックスです。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストのフォント ファミリが定義されます。
フォント サイズ 選択したテキストのフォント サイズを選択または入力するためのコンボ ボックスです。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストのフォント サイズが定義されます。
BoldIcon.png [太字] Ctrl+B 選択したテキストを太字にします。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストが太字になります。
ItalicIcon.png [イタリック] Crtl+I 選択したテキストを斜体にします。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストが斜体になります。
UnderlineIcon.png [下線] Ctrl+U 選択したテキストに下線を付けます。テキストを選択していない場合には、次に入力するテキストに下線が付けられます。
AlignLeftIcon.png [左寄せ] 選択した要素を左揃えにします。
CenterIcon.png [中央に揃える] 選択した要素を中央揃えにします。
AlignRightIcon.png [右寄せ] 選択した要素を右揃えにします。
JustifyIcon.png [両端揃え] 選択した要素を両端揃えにします。
OrderedListIcon.png [順序付きリスト] 順序付きリストを作成します。
UnorderedListIcon.png [順序なしリスト] 順序なしリストを作成します。
DecreaseIndentIcon.png [インデントの削減] 選択した要素のインデントを減らします。
IncreaseIndentIcon.png [インデントを増やす] 選択した要素のインデントを増やします。

[HTML テーブル]

HTML テーブルを挿入および編集するための以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 説明
InsertTableIcon.png [TABLE タグの挿入]
InsertRowAboveIcon.png [現在の行の上に行を挿入] テキスト カーソルがある行のすぐ上に新しい行を挿入します。
InsertRowBelowIcon.png [現在の行の下に行を挿入] テキスト カーソルがある行のすぐ下に新しい行を挿入します。
DeleteRowIcon.png [行の削除] テキスト カーソルがある行を削除します。
MoveRowUpIcon.png [行を上に移動] テキスト カーソルがある行を 1 つ上の位置に移動します。テキスト カーソルがテーブルの最初の行にある場合には、この動作は無効です。
MoveRowDownIcon.png [行を下に移動] テキスト カーソルがある行を 1 つ下の位置に移動します。テキスト カーソルがテーブルの最後の行にある場合には、この動作は無効です。
InsertCellIcon.png [セルを挿入] テキスト カーソルがあるセルの右側に 1 つのセルを挿入します。
DeleteCellIcon.png [セルの削除] テキスト カーソルがあるセルを削除します。
InsertColumnLeftIcon.png [左に列を挿入] テキスト カーソルがある列の左側に新しい列を挿入します。
InsertColumnRightIcon.png [右に列を挿入] テキスト カーソルがある列の右側に新しい列を挿入します。
DeleteColumnIcon.png [列の削除] テキスト カーソルがある列を削除します。

[コンポーネント]

コンポーネント ツールバーが有効になります。「[コンポーネント ツールバー]」を参照。

[表示]

以下のボタンが追加されます。

アイコン 動作 ショートカット 説明
ViewUnitsIcon.png [ユニットの表示] Ctrl+F12
ViewFormsIcon.png [フォームの表示] Shift+F12
ToggleFormUnitIcon.png [フォーム/ユニットの切り替え] F12

コード ビュー(コード エディタ)とデザイン ビュー(フォーム デザイナ)を切り替えます。

メモ: この動作を使用できるのは、フォームなど両方のビューをサポートしているドキュメントの場合だけです。
HideNonVisualComponentsIcon.png 非ビジュアル コンポーネントを非表示にする Ctrl+H

非ビジュアル コンポーネントを設計時に、表示または非表示にさせることができます。

[カスタマイズ...]

[カスタマイズ]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスでは、表示されるツールバー、各ツールバーに表示されるコマンド、ツールチップのオプションを指定できます。

[IDE インサイト]

[IDE インサイト]検索ボックスが表示され、それを使って IDE の要素に対してフィルタ付きインクリメンタル サーチを行えるようになります。「[IDE インサイト]」を参照。


関連項目