[ターゲット プラットフォーム]の概要

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーションの開発 への移動

アプリケーションのコンパイル、ビルド、実行:インデックス への移動

[プロジェクト マネージャ][ターゲット プラットフォーム]ノードでは、プロジェクトのターゲット プラットフォームを指定します。


AllTargetPlatforms.png

[ターゲット プラットフォーム]ノードには、次のような複数のプラットフォームをサポートする種類のプロジェクトのみ表示されます。

[ターゲット プラットフォーム]で実行する基本作業

  • 現在のプロジェクトにターゲット プラットフォームを追加するには、[プロジェクト マネージャ]を開き、[ターゲット プラットフォーム]ノードそのものを右クリックして、コンテキスト メニューから[プラットフォームの追加...]を選択します。
  • 現在のプロジェクトのターゲット プラットフォームをアクティブにするには、そのターゲット プラットフォームをダブルクリックするか、右クリックしてコンテキスト メニューから[アクティブ化]を選択します。
  • 接続プロファイルや SDK を割り当てるには、プラットフォームを右クリックし、コンテキスト メニューから[プロパティ...]を選択します。開いた[プラットフォーム プロパティ]ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行います。
    • 接続プロファイルを選択するか、コンボ ボックスから[新規追加...]を選択してプロファイルを新規作成します。
      メモ: ターゲット プラットフォームが次の場合は、接続プロファイルのみ必要です。
      • Mac OS X
      • iOS
      • 64 ビット Windows(開発用システムは 32 ビット Windows)
    • SDK を選択するか、コンボ ボックスから[新規追加...]を選択して SDK を新しくインストールします。
      メモ: SDK が必要なのは、モバイル プロジェクトと Mac OS X 向け C++ プロジェクトの場合だけです。
  • ターゲット プラットフォームのコンテキスト メニュー コマンドを表示するには、[ターゲット プラットフォーム]ノード下の特定のマルチデバイス ターゲット名(たとえば[64 ビット Windows]など)を右クリックします。

アクティブなプラットフォームに接続プロファイルを割り当てると、その接続プロファイルの名前と関連付けられている SDK が[プロジェクト マネージャ]内のアクティブ プラットフォーム名の横に表示されます。たとえば、次のようになります。

Activatedprofilexe7.png

複数のプラットフォームをサポートするプロジェクトを Appmethod で構成する手順については、「ターゲット プラットフォームをアクティブにして構成する」を参照してください。

[ターゲット]ノードと[構成]ノードの使用

ターゲット プラットフォームのノードには、以下の子ノードが含まれない場合や片方または両方が含まれる場合があります。

  • [ターゲット]。ターゲット プラットフォームが動作している使用可能なデバイスやシミュレータのリストが表示されます。
  • [構成]。そのターゲット プラットフォームに固有のビルド構成のリストが表示されます。

プラットフォームのターゲットや構成をアクティブにするには、そのターゲットまたは構成のノードをダブルクリックします(または右クリックしてコンテキスト メニューの[アクティブ化]を選択します)。

[ターゲット]ノードの使用

ターゲット プラットフォーム ノード内の[ターゲット]ノードには、使用可能なターゲット デバイスおよびシミュレータ(iOS の場合)のリストが表示されます。

リストに表示される名前は、ターゲット プラットフォームによって、そしてターゲット デバイスやシミュレータの種類によって、変わります。

  • [iOS デバイス - 32 ビット]および[iOS デバイス - 64 ビット]ターゲット プラットフォームの場合、デバイスはデバイス名で表示されます。たとえば "Jane の iPhone" などです。
  • [iOS シミュレータ]ターゲット プラットフォームの場合、シミュレータはデバイス モデルと iOS バージョンで表示されます。たとえば "iPhone 5s (iOS 8.1)" などです。
  • [Android]ターゲット プラットフォームの場合、デバイスはデバイス モデルで表示されます。たとえば "GT-I9505" などです。

[Android]ターゲット プラットフォーム ノードの[ターゲット]ノードには、開発用システムに接続されている Android デバイスが表示されます。Android デバイスを開発用システムに接続したり接続解除すると、Appmethod はそれを自動的に検出し、それに合わせて[プロジェクト マネージャ]内のエントリを更新します。
[iOS デバイス - 32 ビット]および[iOS デバイス - 64 ビット]ターゲット プラットフォーム ノードの[ターゲット]ノードには、Mac に接続されている iOS デバイスが表示されます。

メモ: [プロジェクト マネージャ]ではサポート対象アーキテクチャでこれらのデバイスをフィルタ処理しません。[iOS デバイス - 64 ビット]ターゲット プラットフォーム ノードの[ターゲット]ノードには、64 ビット iOS アプリケーションをサポートしない 32 ビット iOS デバイスが表示される可能性があります。

[iOS シミュレータ]ターゲット プラットフォーム ノードの[ターゲット]ノードには、Mac の Xcode にインストールされている iOS シミュレータが表示されます。

ターゲット プラットフォームの使用可能なターゲットのリストを手動で更新するには、[ターゲット]ノードを右クリックし、[更新]を選択します。ターゲットのリストを更新しても、期待したエントリが[ターゲット]ノードに表示されない場合には、「トラブルシューティング:Android ターゲットが[プロジェクト マネージャ]に一覧表示されない」を参照してください。

アクティブなターゲット デバイスやシミュレータがターゲットのリストから消えた場合、Appmethod は使用可能な最初のターゲット デバイスまたはシミュレータを自動的に選択します。アクティブなターゲット プラットフォームに使用可能なターゲット デバイスやシミュレータがなくなると、アプリケーションをターゲット プラットフォームで実行することはできません。

[構成]ノードの使用

[構成]ノードには、アプリケーションをビルドするために使用できるプラットフォーム固有のビルド構成のリストが表示されます。

このノードが表示されるのは、[OS X][iOS デバイス - 32 ビット][iOS デバイス - 64 ビット][Android]のターゲット プラットフォームの場合だけです。

  • [Android]
    • [開発]。開発サイクル用。
    • [アプリケーション ストア]。アプリケーションをアプリケーション ストアに提出する前の最終ビルド用。
  • [iOS デバイス - 64 ビット]
    • [開発]。開発サイクル用。
    • [アドホック]。非公開の社内配布用。詳細については、https://developer.apple.com/programs/ios/enterprise/ を参照してください。
    • [アプリケーション ストア]。アプリケーションを App Store に提出する前の最終ビルド用。
  • [OS X]
    • [標準]。開発サイクル用。
    • [アプリケーション ストア]。アプリケーションを Mac App Store に提出する前の最終ビルド用。

[Android]の[ライブラリ]ノードの使用

ProjectManagerAndroidLibrariesExample.png

[Android]プラットフォームのノードには、もう 1 つ、[ライブラリ]というノードがあり、これを使って以下のことができます。

関連項目