[ソース オプション]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ツール|オプション...]ダイアログ ボックス への移動

[ツール|オプション...|エディタ設定|ソース オプション]

このページでは、さまざまな種類のソース ファイルについて、コード エディタの設定を構成することができます。

項目 説明

[ソース ファイルの種類]

定義済みまたはカスタマイズされたソース ファイルの種類を選択します。選択肢には、[C/C++]、[C#]、[デフォルト]、[HTML]、[IDL]、[INI ファイル]、[Java Script]、[Pascal]、[PHP]、[SQL 文]、[スタイルシート]、[Visual Basic .NET]、[XML]があります。

[新規作成...]

[新規ソース ファイルの種類]ダイアログ ボックスが開き、ファイルの種類を新しく作成することができます。名前を入力して[OK]をクリックし、その後、[拡張子]ドロップダウン リストに拡張子を入力します。新しいソース ファイルの種類を追加するには拡張子を追加する必要があります。そうでなければ、操作をキャンセルしてください。

[削除]

[ソース ファイルの種類]ドロップダウン リスト ボックスに表示されている定義済みまたはカスタマイズされたファイルの種類を削除します。

[拡張子]

選択したソース ファイルの種類に属するものであるとコード エディタが認識するファイル拡張子のリストを示します。たとえば .sql は、SQL 文という種類のファイル拡張子であると認識されます。

[オート インデント]

コード エディタEnter キーを押すと、その前の空白でない行の空白でない最初の文字の下にカーソルが移動します。

[タブ文字の使用]

コード エディタTab キーを押すと、タブ文字が挿入されます。オフの場合には、Tab キーを押すと空白が挿入されます。[スマート タブ]をオンにすると、このオプションはオフになります。タブ文字を表示するには、[タブ文字の表示]をオンにします。

[スマート タブ]

前の行のホワイトスペースでない最初の文字に Tab キーで移動します。[タブ文字の使用]をオンにすると、このオプションはオフになります。

[タブ間のカーソル移動]

矢印キーを使って各タブ文字内の論理空白にカーソルを移動できるようになります。

[最適なパディング]

タブや空白を必要に応じて使い分けることで、オート インデントされた各行の行頭が最小限の文字数で始まるようにします。

[バックスペース アンインデント]

カーソルがその行の空白でない最初の文字にあるときに Backspace キーを押すと、挿入ポイントがその前のインデント レベルに移動します(アウトデント)。

[行末の空白の保存]

行末の空白を切り詰めずに残します。

[タブ文字の表示]

[タブ文字の使用]がオンの場合に、タブ文字を >> として表示します。

[スペース文字の表示]

キー入力された空白をドット(.)として表示します。

[構文強調表示]

構文強調表示を有効にします。強調表示オプションの設定は[色]ページで行います。

[改行の表示]

各行の末尾に改行シンボルを表示します。

[現在行の強調表示]

コード エディタで現在の行を強調表示します。

[構文強調表示]

コード要素の表示用書式を変更するオプションを選択します。このオプションを有効にするには[構文強調表示]をオンにしてください。

[インデント幅]

マーキングされたブロックをインデントする際の空白の数を指定します。デフォルトは 2、上限は 16 です。

[タブ位置]

Tab キーを押したときにカーソルが移動する先のタブ位置を設定します。1 つ以上の数値を空白で区切って入力します。複数のタブ位置を指定した場合、その数値はタブ位置が配置される列を示します。タブ位置はそれぞれ、その前に指定したタブ位置より大きい値でなければなりません。タブ位置を 1 つだけ指定した場合、その数はタブごとにジャンプする空白の数を示します。

関連項目