[オプション セットの適用]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[プロジェクト オプション]ダイアログ ボックス への移動

[プロジェクト|オプション...|適用...]

[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ダイアログ ボックスの[ターゲット]オプション領域にある[適用...]ボタンをクリックすると、このダイアログ ボックスが開きます。



項目 説明

[オプション セット ファイル]

現在のプロジェクトに(参照か値のどちらかで)既に適用されているオプション セットが一覧表示されます。[...]をクリックすると、ファイル選択ダイアログが表示され、このフィールドにオプション セットを追加できます。

[参照として追加]

オプション セットの値をビルド構成内の値の前に挿入します。後で、親のオプション セットで値が変更されるたびに、ビルド構成内の値を更新します。ローカル オプション値は、参照オプション セットと照合され、プロジェクトをビルドまたはロードするたびに必要に応じて更新されます。参照オプション セットが変更されると、そのオプション セットを参照するすべてのプロジェクトのすべての構成が更新されるので、[参照として追加]オプションを使用する場合は十分に注意してください。

[この構成を変更]

現在のビルド構成にオプション セットの値を適用します。[優先度]フィールドは、オプション セット値を現在の構成の値にマージする方法をコントロールします。[参照として追加]とは対照的に、このオプションは実際の構成を変更します。

[優先度]

[この構成を変更]を選択すると有効になります。オプション セットの値を現在のビルド構成にどう適用するか指定します。3 つの選択肢があります。

[すべての値を置換]

現在のビルド構成内のすべての値をオプション セットの値で上書きします。この結果、ビルド構成はオプション セットとまったく同じになります。

[オプション セット ファイル]

オプション セット ファイル内のすべての値を追加します(現在のビルド構成内の同じオプションの値が上書きされます)。オプション セットにない値は、構成内で変更されません。現在の値がオプション セットの値に置き換わるため、オプション セットが優先されることになります。

[この構成]

現在の構成内のすべての値セットはそのまま使用され、オプション セット ファイルにあって現在の構成にはないオプションの値のみが追加されます。


関連項目