関数へのポインタ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ポインタ:インデックス への移動

関数へのポインタは,その関数の実行可能コードが格納されている(通常は)コードセグメント内のアドレス,つまりその関数が呼び出されたときに制御が移るアドレスと考えてください。

関数へのポインタは「type を返す関数へのポインタ」という型を持ちます。type は関数の戻り値の型です。次に例を示します。



 void (*func)();



C++ では,引数がなく,void を返す関数へのポインタになります。C では,不定の個数の引数をとり,void を返す関数へのポインタになります。次の例では,



 void (*func)(int);



  • func は,int 型の引数をとり,void を返す関数へのポインタです。

C++ では,このようなポインタは静的メンバー関数へのアクセスに使えます。クラスメンバーへのポインタは,クラスメンバーへのポインタ演算子を使用しなければなりません。詳細については,静的キャスト(static_cast) を参照してください。