開発用 PC で接続プロファイルを作成およびテストする

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーション作成のステップ への移動

接続プロファイルの作成は、Mac OS X と iOS アプリケーションの作成に必要な予備段階の作業です。

接続プロファイルには、ターゲット プラットフォーム上または中間プラットフォーム上で稼働しているプラットフォーム アシスタント サーバーのインスタンスに接続するための設定が記述されます。各プラットフォーム用に複数の接続プロファイルを作成することもできます。接続プロファイルに関連付けられていないマルチデバイス アプリケーションを作成し、その後で既存の接続プロファイルを割り当てることができます。

マルチデバイス アプリケーションの接続プロファイルを作成する

  1. [ツール|オプション...|環境オプション|接続プロファイル マネージャを開くか、[プロジェクト マネージャ][ターゲット プラットフォーム]下のノードを右クリックして[接続の編集...]を選択します。[接続プロファイル マネージャ]が開きます。
  2. [追加...]ボタンをクリックします。[接続プロファイルの作成]ウィザードが開きます。
  3. [接続プロファイルの作成]ウィザードの最初のページ([プロファイル情報])で以下を行います。
    • [プロファイル名]に、任意のプロファイル名を入力します。
    • [プラットフォーム] ドロップダウン リストを展開し、プラットフォーム アシスタント サーバーのターゲット インスタンスが稼働しているプラットフォームを選択します。
      たとえば、OS X アプリケーションや iOS アプリケーションの場合のように、プラットフォーム アシスタント サーバーが Mac 上で動作している場合には、[OS X]を選択します。
  4. 2 番目のページ([リモート マシン情報])で以下を行います。
    • 使用するリモート マシンとポート番号をそれぞれ[リモート マシン (IP アドレスまたはマシン名)][ポート番号]に入力します。
    • このリモート マシンは、通常はマルチデバイス アプリケーションのターゲット プラットフォームですが、iOS アプリケーションの場合には Mac になります。
      • ターゲット マシンの IP アドレスマシン名のどちらを入力してもかまいません(ネットワーク上で既知のもの)。
      • ターゲット マシンの IP アドレスを調べるには、次のコマンドのいずれかを入力します。
        • i(ターゲット マシンの PAServer コンソール)
        • ifconfig(Mac の[ターミナル]ウィンドウ)
        • ipconfig(PC のコマンド ウィンドウ)
      • デフォルトのポート番号は 64211 です。
    • この接続プロファイルが接続する先のプラットフォーム アシスタント プロセスでパスワードを要求する場合には、[パスワード]を入力します。
      接続プロファイル パスワード <パスワードがない場合はただ Enter キーを押す>:
      paserver にパスワードが設定されていない場合には、パスワード プロンプトでリターン キーを押します。
      paserver のパスワードの詳細は、「[接続プロファイル マネージャ]パネル」を参照してください。

接続をテストする

[接続プロファイル マネージャ][接続テスト]をクリックして、IDE がホストと通信できることを確認します。

TestConnection.png

接続が正しく機能している場合には、次のメッセージが表示されます。

Connection  to <hostname> on port <number> succeeded.

メモ: 接続テストを行わなくても、接続プロファイルは作成できます。ただし、テストされていない接続は必ず動作するとは限りません。

  • OS X 接続のトラブルシューティングについては、「Mac と PC を連携させる」および「Mac でのプラットフォーム アシスタントの実行」を参照してください。
  • 以下のいずれかの状況が発生すると、ポートへの接続は失敗します。
    • ウィザードからターゲット マシンに到達できない。
    • 適切なバージョンのプラットフォーム アシスタントがターゲット マシン上で稼働していない。
    • 正しいポート番号を使用するように接続プロファイルが構成されていない。

関連項目